-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-11-23 20:50 | カテゴリ:城・史跡
本多忠勝公の本物の兜に会いに、岡崎へ行ってきましたぁわーい(嬉しい顔)

10年振りの岡崎、駅から岡崎城までの道と、お弁当食べた風景は
ハッキリ覚えてたけど、お城は「初めてぇ」な感覚うれしい顔
お城に左程興味を持ってなかった頃って、こんなもんだねぇあせあせ

紅葉がいい感じだったぁもみじ
フォト フォト

先ずは「三河武士のやかた家康館」へ。
館の前には忠勝公の銅像!スゴっ!!
↓家康館と忠勝公の銅像
フォト フォト
いざ!館の中へ!
おぉ~っ!これがぁ!!
思わず、鍋之助さ~ん!!って言ってしまったうれしい顔
ここで初めて知った、忠勝公の幼名が「鍋之助」だったってあせあせ
それで鍋之助さんのミクネーム、納得指でOK
本多家の遺宝はもちろんだけど、関ヶ原合戦の様子なんかが
見れて、めちゃ面白かったぁわーい(嬉しい顔)
↓徳川四天王の兜のミニチュア
フォト

岡崎城を堪能。
フォト フォト

そして、岡崎と言えば「八丁味噌」
工場見学ができるらしく、元祖と書かれた「まるや」へ行くと、
ちょうど見学スタートしたところで、次は30分後との事。
なので、お隣の「カク久」へ。
こちらも同じ時間でスタートしたばかり・・・
でも、こっちはお土産売り場もあって、待てそうだったので、
申し込んで試食タイムうまい!
↓カク久と味噌ソフト めっちゃウマかったぁうまい!
フォト フォト
祝日で工場はお休みだったけど、資料館や味噌蔵を見学。
↓味噌蔵と味噌樽
 樽の上の石積み、一人前になるには5年かかるって!
フォト フォト
樽を締める縄のようなもの、箍(たが)って言うそうだ。
これを作る職人さんはもういなくて、数年前の朝ドラでは、
なんちゃって箍を作ったんだって~
↓真ん中の樽の箍がなんちゃって、半分紐になってる。
フォト
六尺の樽を作れる職人さんは全国で10人、愛知県には1人。
1樽300万円!でも、100年も持つんだってぇ!スゴイね~!
味噌が完成した樽は、乾燥防止の為に少しだけ味噌を残して
置いといて、使う前に洗浄するんだって。
↓六尺樽 底には製作者の名前が
フォト フォト
「八丁味噌」の「八丁」は地名からついたものって初めて知ったあせあせ
その八丁で味噌を作ってるのは、もー「カク久」と「まるや」の
2社だけなんだって。
三河産大豆を使用した八丁味噌と、味噌煮込みうどん、
3袋1000円のお得なせんべいを買って帰宅ウッシッシ

楽しい一日でしたぁ~目がハート
スポンサーサイト
2010-11-21 14:03 | カテゴリ:城・史跡
今年に入って、一体どんだけのお城に行ったのか?
ちょいと数えてみたむふっ
砦、石碑のみ、この辺りかなぁ?ってお城も含め、

 初登城54+再登城14=合計68城

都道府県別にまとめてみましたぁわーい(嬉しい顔)

◆東京 1
 (初) 江戸城
◆神奈川 2
 (初) 小田原城、 石垣山一夜城
◆静岡 9
 (初) 佐久城、野地城、千頭峯城、鳥羽山城、二俣城、
    浜松城、山中城、高根城、若子城
◆愛知 18
 (初) 羽黒城、下津城、楽田城、小口城、小牧山城、青塚砦、
    木ノ下城、前田城、足助城、中島佐兵衛佑城、長篠城、
    野田城、大高城
 (再) 岩倉城、犬山城、名古屋城、荒子城、清洲城
◆岐阜 2
 (初) 苗木城
 (再) 岩村城
◆石川 4
 (初) 阿尾城、森寺城、七尾城、小丸山城
◆富山 2
 (初) 高岡城、富山城
◆福井 4
 (初) 一乗谷城、福井城、北の庄城、丸岡城
◆長野 2
 (初) 上田城
 (再) 松本城
◆滋賀 2
 (初) 小谷城
 (再) 長浜城
◆奈良 1
 (初) 大和郡山城
◆兵庫 6
 (初) 上月城、有子山城、明石城
 (再) 出石城、竹田城、姫路城
◆鳥取 5
 (初) 羽衣石城、 黒坂(鏡山)城、鹿野城、鳥取城、米子城
◆島根 2
 (初) 月山富田城、松江城
◆岡山 4
 (初) 岩屋城、津山城
 (再) 鬼ノ城、備中松山城
◆福岡 1
 (初) 福岡城
◆熊本 1
 (再) 熊本城
◆鹿児島 2
 (初) 伊作城、南郷城

結構行ったなぁ~
どのお城も魅力たっぷりだったなぁ目がハート
初登城の中から、敢えてベスト3を選ぶとすると・・・

◇第3位 有子山城
 なんたって一度怖気づいて諦めたとこだからね~
◇第2位 月山富田城
 歴史読本で見て、今年の目標だったからね~
王冠第1位 七尾城
 ず~っと憧れてたとこだったからね~

やっぱ中世山城ばっかだなうれしい顔

さぁ、今年も残すところ40日。
あといくつか行けるかなぁ目がハート
2010-11-20 21:41 | カテゴリ:城・史跡
雲ひとつない空の下、桶狭間古戦場へ行ってきましたわーい(嬉しい顔)

某ミクさんと有松駅で待ち合わせ。
先ずはシャトルバスで桶狭間古戦場会場へ向おうとしたが、
マイクロバスは既に満席、次は30分後がく~(落胆した顔)
歩いても30分かからないってことで、歩くことに。
道を教えてもらったそばから、ここを左?いや、あっちじゃ?
ってな状態あせあせ
前方を歩いていたお孫さん連れのおじいちゃんにナンパされ、
古戦場まで案内していただいた。
途中、有松神社に寄り、マジか?と思える細い路地を通り、
桶狭間古戦場公園へ到着。
↓有松神社(左) 住宅地の合間を通る(右)
フォト フォト
↓はち丸くん&おけわんこ(左) 織田信長&今川義元
フォト フォト
会場にいらっしゃったガイドさんに話を聞く耳
ガイドさん、熱く語る!語る!語る!
豊明の高徳院を古戦場跡とする説もあるらしいが、ガイドさん
は、「桶狭間古戦場公園」が古戦場跡だと断言!!
ここで、私の記憶間違いが露見!
豊川市牛久保にある義元の塚は、「首」じゃなく「胴」塚だった!
↓今川義元のお墓「駿公墓碣(ぼけつ)」と古戦場のジオラマ
フォト フォト
↓首実験が行われた長福寺 「首検証之跡」と書かれた石碑
フォト フォト
桶狭間神明社へ移動。
おもてなし武将隊の信長殿がお出迎え~
ぜんざいで小腹を満たし、武将グッズを物色。
おもてなし武将隊のステージに後ろ髪引かれながらも、
大高行きのシャトルバスを待つ列に並ぶ。

大高の八幡社からは、ガイドさんに追随せず、地図を頼りに
気ままに散策。
酒蔵が多いんだね~
↓酒蔵(左) レトロな看板
フォト フォト
↓大高城二の丸(左) 本丸の石碑
フォト フォト
↓二の丸と三の丸への間にある堀(左) 三の丸から脇道(?)へ
フォト フォト
八幡社へ戻ると、家康殿がクイズをしてござった。
↓甲冑姿にマイクは合わんのぉ~(笑)
フォト

有松へ戻るシャトルバス、満席で乗れない可能性もあるので、
家康殿の声だけを聞きながら、並んで待つことに。
有松会場に到着してまもなくすると、秀吉殿の登場!!
庶民的で親しみやすくてカワイイのだウッシッシ
名古屋弁丸出しトーク&クイズを楽しんだ。
↓秀吉殿(左) 会場に静かに登場したはち丸くん
フォト フォト
〆はうどん!!
数年前、他のお店と悩みに悩んで入らなかった「寿限無茶屋」
歯ごたえ大ありの麺がウマシ!!
↓「寿限無茶屋」と秋限定なすおろしうどん
フォト フォト
ダーシェンカでパンを買って帰宅。
うどん食べて3時間も経ってないのに、パン食べちゃったウッシッシ
めっちゃモチモチしてデラウマうまい!
↓ダーシェンカのベーグル レーズン&クルミとナッツ
フォト
↓有松会場で買った和菓子 パン食べた後に2個食べたウッシッシ
フォト
今、お腹が苦しくて大変です爆弾

やっと桶狭間に行けて満足じゃ~手(チョキ)
楽しかったぜぃ!ありがとさぁ~んわーい(嬉しい顔)

一日中お日さま浴びて気持ちよかったけど、頭痛が・・・
今夜は早く寝ようかなぁ眠い(睡眠)
2010-11-19 16:24 | カテゴリ:城・史跡
2011年の全国山城サミット開催地は、静岡県浜松市!
浜松市は、2011年が市制100年という事もあり、盛り上がりが
期待されているらしい!!

開催日はいつかなぁ?目がハート
現地見学会はどこかなぁ?目がハート
浜松って一言で言っても、めちゃくちゃ広いもんなぁ~
山城サミット加盟城郭からすると・・・
三岳城、千頭峯城、犬居城、二俣城、佐久城、大平城、高根城。
ふむふむ、行った事あるのは4つかぁ・・・
今年の岩屋城の規模から行くと、千頭峯城辺りかなぁ・・・
他はどーなんだろ?加盟城郭増えてるかなぁ?
行った事ないとこがいいなぁ~目がハート

そーいやぁ~、一昨日、夢で城巡りしてたなぁウッシッシ

はぁ~目がハート山城バンザイ目がハート

2010-11-17 12:56 | カテゴリ:城・史跡
明石城を後にして、明石焼きを求めて商店街の方に歩いて
行くと「たこフェリー」の看板発見!
フォト
先日、某ミク氏が乗船したフェリーだぁ!
確か、11月中旬で営業終了するんじゃなかったっけか?
どんなんか見てみたくて、乗船場へ向かう。
フォト フォト
夕方とあって、長蛇の列こそ出来てなかったが、乗船待ち
の人々と車が数台。
淡路島の岩屋発の便が到着するまで、まだ時間はかかりそ
うだが、船体見たさに待つ事にウッシッシ
来た!思った以上に大きいぞぉ!思った以上に早いぞぉ!
おぉ~!船体が方向転換するぞぉ!
おぉ~!キャラクターが描かれてるぞぉ!カワイイぞぉ!
フォト フォト
某ミク氏の日記で見るまで知りもしなかったのに、めちゃ
盛り上りウッシッシ「うわぁ~」を連呼していた気がするウッシッシ
「たこフェリー」は、翌日(11/15)営業終了した。

さぁ、明石焼きのお店探し!
某ミクゾウ氏の情報を得て、「木村屋」へ!
フォト フォト
古くて小さなお店だが、店内には芸能人の色紙がいっぱいだ。
他店で食べ比べる予定で、20個入り1枚と、たこ足1本を注文。
フォト フォト
ダシor塩で食べる。めっちゃウマっ!!うまい!
たこ焼き感覚のお客さんの為に、たこ焼きソースも置いて
あったので試してみたが、ガッテンならず・・・
やっぱ明石焼きはダシor塩だな指でOK
たこ足は、食べやすいようにカットして頂いた。
軟らかくてデラウマ!!うまい!
明石の夜は早い・・・食べ比べたい目ぼしいお店もなく
帰路についた。

高速は、工事による通行止め区間があり大渋滞がく~(落胆した顔)
途中一般道を走り、再び高速に。
明石焼きではお腹空くのが早い、大津SAで食事をする事に。
琵琶湖の夜景を眺めながら、近江牛カレー&近江牛コロッケ
を食べる。ウマイ!!うまい!
フォト フォト
この後、どこから記憶を失ったか・・・高速下りるまで爆睡眠い(睡眠)
運転手さま、車掌さま、ひとり楽してすんまそぉ~んあせあせ(飛び散る汗)
轟音響かせてなかっただろーか?爆弾

おやっ?播磨は城攻めよりも、食攻めだぁ~ウッシッシ

幹事さま、同行者さまさまのお陰で、念願も叶い、楽しく、
美味しい旅になりましたるんるん
本当にありがとうございましたぁわーい(嬉しい顔)
2010-11-16 22:04 | カテゴリ:城・史跡
2日目は、ゆっくり目に集合。

ちゃんと起きましたよ(謎爆)
うぅっ!腿が!!筋肉痛がぁ!!!動きがノロっ!!!!あせあせ(飛び散る汗)

朝食はどっかで取る予定だったけど、「無料」の誘惑に負けたぁ~
おにぎりの朝食サービスを利用ウッシッシ
軽めのが1個かと思ったら、少し大きめの梅と昆布の2個+お味噌汁るんるん
塩が利いててめちゃウマ!ぜ~んぶ食べちゃったうまい!

集合場所へ向うも、腿が痛くて歩が進まんがまん顔
駅までこんなに遠かったっけ~
って、前夜もヘトヘトで遠かったなぁあせあせ

他メンバーは腹ペコさんだったので、先ずはカフェへコーヒー
「ムッシュ」と言うカフェ、駐車場が2つもあって大盛況!
名古屋の方は、コメダを想像して頂くと、イメージ近いかな。
タイミングよく車も止めれて、数分待ちで入店。
メニューを見てびっくり!!品数もボリュームも多いこと!!
名古屋のモーニングみたいにドリンク頼むとトースト+たまご+サラダが付いてくる~
名古屋名物「あんかけスパ」もあったので、店主は名古屋縁の人かも(笑)
↓お店とアーモンドバタートースト
 ケンミンSHOWでアーモンドバターが紹介された時に出たお店だった!
フォト フォト

姫路城へ
現在は素屋根建設中。
↓鉄骨越しに見る天守閣もおもしろいるんるん
フォト
壁面の絵もパーツとして作成中だ。
来年3月下旬には、素屋根の中から改修状況を見学できる
楽しみだぁ~わーい(嬉しい顔)

姫路城近くで開催されていた食のイベントへ。
姫路の食+B1グルメ+他地域のグルメが大集合!!
先ずは姫路おでんの食べ比べうまい!
所謂関東煮のおでんを、生姜醤油につけて食べるのが姫路おでん。
生姜が利いてウマイうまい!
↓イベント会場と姫路おでん
フォト フォト
あとは、夫々に気になるものを。
私は佐用町のシカコロッケうまい!
並んで待ってる間に聞いた、シカコロッケの歌に大ウケるんるん
↓看板を撮ろうとしたら、シカのお兄さんがポーズ
 看板のシカが見えんじゃん(笑)
フォト フォト

総社へ立ち寄り、明石に向けて出発車(RV)

明石城到着15:50頃、隅櫓が特別公開中だ!16:00までだ!!時計
↓筋肉痛の足には遠ぉいぃ~!!あせあせ
フォト
向って右手側から登る、手前の櫓じゃない!奥の櫓だぁ!
あと5分!死に物狂いで走る!!傍から見れば小走り程度あせあせ
ギリギリセーフ!!はぁ~っ、キッツ~!
阪神淡路大震災で石垣の修理をした時の写真なども見れたるんるん
↓特別公開中の坤櫓(ひつじさるやぐら) 天守台から
フォト
↓巽櫓(たつみやぐら)と石垣
フォト

このあと、明石焼きを求めてぶら~り散策くつ
この続きは、また今度ウッシッシ
2010-11-16 11:43 | カテゴリ:城・史跡
~初日後編~

有子山から下山し、出石城の石垣と紅葉を楽しみつつ城下町へもみじ
↓出石城の櫓や石垣と紅葉
フォト フォト
フォト フォト

出石名物「皿そば」を食べるべくお店探し。
お昼時で、城下町班オススメのそば屋さんは行列、腹ペコ有子山班は
すぐに入れそうなメインからちょいと離れた「南枝」へ。
↓皿そば元祖の「南枝」 皿そばは、小皿5枚に分けて出てくるのが特徴。
フォト フォト
ササッと食べて、先行して温泉に行ってる城下町班を追う車(RV)
ここで丹波篠山先行班と温泉入って追っかけ班に分かれる。
「乙女の湯」で汗を流すと、一気に脱力~もー動けまてぇ~んあせあせ
篠山城を目指して追っかけ班出発車(RV)

暗くなる前に篠山城到着手(チョキ)
書院には入れなかったけど、石垣の刻紋に萌えながら、本丸を目指す。
↓篠山城
フォト フォト
陽が落ちたら早いね~天守台に来た頃には暗~くなった。
↓門の奥が書院  天守台は一番奥まったとこにある
フォト フォト

皿そばだけでは腹ペコになるのも早い(笑)
夕食を取るべくお店探し~
目に付くのは「但馬」「丹波篠山」「三田」の牛!牛!牛!
産地直送は安いかも~と覗いてみたが、お財布事情と折り合わずドル袋
バザールタウンなるショッピングモールのレストランに決定。
あれこれ目移りして、なかなかオーダー決まらずあせあせ
結局、名物であろうものに決定指でOK
数量限定ステーキ丼(篠山牛?)と篠山名物牛とろ丼を半分こ、
篠山牛にぎりをみんなで分けっこうまい!
↓ステーキ丼、牛とろ丼
フォト フォト
↓篠山牛にぎり
フォト

ここから宿泊組は摩耶山で夜景を眺め~の、姫路へ。
↓摩耶山からの眺め 黄砂でモヤってる~
フォト フォト

寝坊しないよーに、ちゃ~んとアラーム設定確認しておやすみぃ~ウッシッシ
石垣の夢を見たのかどーかもわからない程、爆睡しました眠い(睡眠)
2010-11-15 12:47 | カテゴリ:城・史跡
金曜深夜出発で、但馬のお城巡りウッシッシ

先ずは竹田城。昨年同時期に初登城し、今回2回目。
虎臥山近くに来てもモヤっと感なしもうやだ~(悲しい顔)
5時過ぎに駐車場到着、既に半分以上埋まってるふらふら
昨年は6時過ぎで数台だったのに、スゴイ!
朝食取る間もなく、慌てて身支度して出発ダッシュ(走り出す様)
半分近く登った頃、車内にカメラを忘れて来た事に気が付くげっそり
が、しかし、振り返れば誰もいない暗闇。
引き返す勇気もなく、昨年撮ったし・・・と、諦める涙
天守台に登ると三脚がズラリカメラ
城好きよりも、カメラマンが多いかぁ?
あ~、ザックの中の三脚が、出番なしだと嘆いている~爆弾

一部に雲海が見られるが、その他は町の灯りがハッキリ見える目
空は曇ってるんだけどなぁ~、朝陽も拝めず・・・
諦めていたら、南千畳を歩いている時に、雲がモクモク~曇り曇り曇り
何とか雲海を見た!って感じ指でOK

↓カメラ忘れて悔しいので、昨年の画像を貼り付ける(爆)
フォト フォト
フォト フォト 

井戸跡がある斜面下方の登り石垣を見ようと、ついて行く事に。
背丈を超える草を掻き分け、あちこち引っ掛かりながら進む。
途中、5~60cm程の高さしかないが、私には降りれそーもない斜面、
足を滑らせたらどーなるか・・・怖気づいて退却あせあせ
結構下って行ったよーなので、退却して正解だったかなぁ。

下山して、竹田駅へ。
ここから竹田城が見えるんだ!!
↓竹田駅から見る竹田城と、1時間に1本(?)の電車
フォト フォト

出石へ移動~

出石城+城下町散策班、有子山城班に分かれて行動。
昨年、登城道を見て怖気づいて断念。
それ以降、本やネットで「有子山城」の文字を見る度に、悔やまれて
ならなかったのだ。
なので、今回は何が何でも登る!!と決意していた。

道は、予想もできなかった険しさげっそり
↓出石城横の神社への石段を登って登城口へ向う。
フォト
↓この険しさ!!斜面を登る感じだ!!
 頂上まで1km、この斜面は500mも続く!!
フォト
↓途中、竪堀がある。傾斜がスゴイ!!
フォト
↓登って来た道を振り返る。竪堀かと思うほどの傾斜だった!!
フォト

もぉ~汗ダラダラで、スネが痛くて足が上がらないがまん顔
下りる時の事を考えると、恐ろしぃ~!転げそうだげっそり
途中、めげそうになりながらも、根性で登る!登る!登る!
やっとゆるやかぁ~な道になると、石垣が見え始める。
↓石垣がぁ~るんるん最後の斜面を登り、テンションも上がるぅグッド(上向き矢印)
フォト フォト
↓本丸の石垣!!苔むした石垣がたまらぁ~ん目がハート
フォト フォト

40分かかって、やっとの思いで頂上に到着!!
疲れも吹っ飛ぶ眺めが待っててくれましたぁ~目がハート
↓本丸からの眺望と本丸。黄砂(?)でモヤってます。
フォト フォト

みんなで記念撮影をして下山。
転ばないように、恐る恐る歩を進める。
膝はカクカク、腿プルプルあせあせ

同行者のみなさま、大変お待たせしましたぁ~あせあせ
みなさんのお陰で、悲願(大袈裟?)の有子山城攻め成功しました!!
ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

長くなったので、続きはまた後日ウッシッシ
2010-11-02 23:59 | カテゴリ:城・史跡
今年の目標は、月山富田城と全国山城サミット。
そして、近い内に行ければいいなぁ~と思って
いたのは七尾城。

その七尾城は、7月に予期せぬ出来事で達成ウッシッシ
9月に月山富田城、今回山城サミット参加、
これですべて目標達成したぁ目がハート
めっちゃ嬉しいぃ~ハート達(複数ハート)

今回も登城した備中松山城は、小松山と大松山と
からなり、現存天守があるのは小松山だ。
初登城の時には大松山へ行かなかったので、是非
行ってみたいと、山陰攻めの時も検討したが・・・
7月の大雨で大松山への道が崩落、9月の時点で復
旧の見込みは立っていなかった。
今回も事前に問い合わせてみたら、復旧見込みは
H23年度末。
早くて来年12月、遅くて再来年の3月との事。
国の事業とは言え、何でそんなに時間が掛かるの
か?と思っていたら・・・
見てみて納得、道が完全になくなってたぁふらふら

↓大松山への道 
(左)崩落前:2009年3月 (右)現在
フォト フォト

辛うじて、石垣は崩れずに残っているが、危険だ
と言うことで、水の手門脇曲輪や後曲輪は立入り
禁止となっていた。

こりゃ~大変だ!
どーやって復旧するんだろね?

これで再来年の目標は、大松山で決まりだな!ウッシッシ
2010-11-01 16:04 | カテゴリ:城・史跡
季節外れの台風接近に右往左往したが、半ば強引に、
あとはどーなときゃーなろたい!で行って来ましたるんるん

現地説明会開催の最終決定は、なんと当日の朝。
保存会の方が現地入りし、安全を確認した上での決定だ。

集合場所からバスに乗り30分ほどで、岩屋山麓に到着。
麓から先は大型バスでは入れず、マイクロバスに乗換え、
数回に分けて登城口へ。
大型バス40名ほど+現地集合者?名で、いざ登城じゃ!
って、いきなり勾配のキツさに参ったあせあせ(飛び散る汗)
↓整備されてるけど、勾配はかなりキツイ!そして長い!
フォト フォト

途中、慈悲門寺跡などを見て、20分ほどで山王宮拝殿跡
に到着。
ここから、山王宮跡の岩窟の中に祀ってある祠を拝んで
いたそうだ。
山王宮跡への道を途中まで進んでみたが、とてもじゃな
いが、辿り着ける道ではない。
↓山王宮拝殿跡と山王宮跡の岩窟
フォト フォト

登城口付近の整備された道とは違い、狭くて険しい所も
ある。
雨が降っていたら、滑って登れないだろうなぁ。
開催を念入りに検討されたのが頷ける。
しかし、本丸への道はFar away!
大手門跡→水門跡→龍神池→井戸跡へと進む。
井戸跡の水は飲めると言うことだったが、浮遊してる
ものがあって、お腹のことを考えて止めといた。
↓龍神池と井戸跡
フォト フォト

馬場跡では、保存会の方の話があり、お昼休憩する人も。
話はそこそこに、先へ進む事に。
標高482.7mに位置する本丸跡に到着!!
写真撮りながらで約1時間。足はヘロヘロだぁ~
↓馬場跡からの眺望と本丸(奥の上段)
フォト フォト

本丸から二の丸→三の丸を経て、いよいよ最大ポイント!
てのくぼり跡だぁ!!
山の斜面に沿って縦に掘った堀で、幅6m、深さ2m、延長
70-80mのものが12本、その内確認できているのは8本。
築城当時は、倍の深さはあっただろうと推測されている。
並み板状に掘られているので、畝上竪堀と呼ばれる。
初めて見る畝上竪堀にテンションMax!
くぅ~~~タマラン!!ハート達(複数ハート)
スゲェ~!!スゴ過ぎるぅ~~~!!!!!目がハート
↓これが畝上竪堀 画像では判り辛いかな・・・
フォト フォト

ここからは、舗装道を下るのみ。
かなりの傾斜が続く!続く!続く~~~!!
膝が叫んでいる~!もーこれ以上支えられない~とぉ!がまん顔
やっとの思いで終点到着。
登城開始から1時間40分、足はふらふら~あせあせ(飛び散る汗)
地元のお母さん達が作った甘酒と漬物のおもてなし。
実は、同行者共々甘酒は超!苦手。
でも、折角なので1杯だけ頂いてみたら、めちゃウマ!!
これがまた漬物とめちゃ合うんだぁ!!
途中で生姜が置いてあるのに気付き、生姜を入れてみたら、
ウマさ倍増!!
おかわりも出来たので、各々おかわりうまい!
体も心も温まりましたぁ!ご馳走様でしたぁ~わーい(嬉しい顔)
↓ゴール地点と甘酒
フォト フォト

またまたマイクロバスでピストン輸送され、大型バスに
乗って、サミット会場まで移動。
前半は挨拶ばかりで、講演は夕方からだったので、
断念して津山城へ移動した。

念願の山城サミット、現地説明会の開催が危ぶまれた
だけに、参加できてめちゃ嬉しかった!!目がハート
で、帰ってきてから気が付いた事が・・・
現地「説明会」なのに、特にこれと言った説明もなく、
これじゃ~「見学会」じゃん!と思っていたら・・・
開催要領に、ちゃ~んと現地「見学会」と書いてあったあせあせ
ちゃ~んと読もうねぇ~あっかんべー

記念品と岩屋城のしおりなんかももらったので、
ちゃ~んと目を通さなくっちゃ目

中世山城バンザイわーい(嬉しい顔)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。