-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-10-30 23:20 | カテゴリ:その他
最近ね~、どーもイカンよ。
休日は遊びに行ってるか、ぐーたらしてるかだあせあせ

昨日は肩の治療へ行く14時頃まで、PCに向ったり、
溜りに溜まった録画を見てゴロゴロ眠い(睡眠)

今日は何としても夏物を仕舞わないと!!と思いながら・・・
朝7時に一旦目が覚めたが、もうちょっと・・・で10時過ぎあせあせ
先ずはケースを空けるべく冬物を出し広げる。
そして・・・PCをポチッ電球
これがイカンのだな。
特にする事もないのに、ダラダラと・・・時が過ぎるのは早いあせあせ(飛び散る汗)
美容院へ行く17時まで、慌てて夏物をケースに入れて出かけた。
帰って来たのは18時半。
ごはん作って、食べて、広げた冬物を片付け始め・・・
もう少し!ってとこで終了あせあせ
こーやって、いつも片付かない状態が続くんだよなぁ~あせあせ(飛び散る汗)
片付け上手なお嫁さん欲しいよぉ~あせあせ

今日も溜まった録画を見てたんだが、3月~4月頃のもので、
CMがACのものばかり。
それを見ていたら、震災の時の事を思い出して怖くなった。
さださんの4月の番組では、被災された方や他の地方の方の
ハガキが読まれ、涙が出ることばかり涙
もうすぐ7ヶ月が過ぎようとしている。
完全に復興するまでには、まだまだ時間が掛かるんだろーなぁ。

復興に向けて頑張ってる人がいる中、こんなにぐーたらしてたら
イカンだろっあせあせ
アタシもがんばらんば!!
スポンサーサイト
2011-10-30 12:39 | カテゴリ:その他


まんまと引っかかったあせあせ

ドーナツ7個+SNOOPY手帳=1000円

ポイント貯めて交換もできるが、開始から日数も経ってたので
手っ取り早く1000円でゲットウッシッシ

レジに来て気がついた・・・
選んだドーナツは、殆どが100円
1000円と決まってるのだから、高いドーナツを選べばよかったあせあせ
って、考えがケチ過ぎかな?あっかんべー
でも、結局好きなのばかりだし、まぁいいかっウッシッシ

本日の朝+昼+おやつだなうまい!

次回は11/23~SNOOPYのふかふかバッグるんるん
ミスドさん、SNOOPYシリーズはどこまで続くの?
2011-10-29 20:18 | カテゴリ:食いしん坊
日本三大山城の一つ、岩村城の別名「霧ヶ城」

・・・に、行ったワケではなく・・・うれしい顔

先日、和菓子屋の若旦那から、岩村城に関するご質問をいただいた。
お客様の依頼で、岩村城のお菓子を作られるとの事。

どんな風にお答えするか?
まぁ、画像を見ていただくのがいいかな?と思い、以前行った時の画像を見ていただいた。
岩村城の特長である六段壁や菱櫓跡、復元された太鼓櫓など・・・

若旦那ご自身も岩村城について調べられ、出来上がったのがこれだ目
霧に包まれたお城に、一筋の光が射しているイメージだそうだぴかぴか(新しい)
フォト
フォト

店頭には並ばないが、特別に頂いた指でOK
羊羹+葛+ゼリーの三層、食感がいいexclamation ×2
甘さ控えめで、でらうまぁ~うまい!
若旦那、ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

店頭には期間限定のお菓子がいっぱい目がハート
悩みに悩んで、栗大福とかぼちゃおはぎを購入ウッシッシ
フォト
2011-10-19 22:10 | カテゴリ:城・史跡
今年も行ってきました、関ヶ原合戦祭り。

祭り会場へ行く前に、小早川秀秋の陣跡、松尾山へ。
恥ずかしながら、予備知識ゼロで行き、結構な登りに驚きあせあせ(飛び散る汗)
前日の雨で、滑りやすいとこもある。
フォト
途中、旗印を目印に進む堅実型男子組から外れ、好奇心旺盛型の女子組は
上り坂の方へ進んでみる・・・
と・・・あらあら、どんどん遠くなる~あせあせ
2女子は元来た道を戻るも、1女子は無謀にも垂直に近い斜面をズリズリ~ふらふら
切通し(かな?)の上に登っていたみたい、道理で斜面がほぼ垂直なワケだあせあせ(飛び散る汗)
フォト
男子組の後を追っかけて頂上へ。
フォト フォト
頂上へ来て初めて知った、小早川陣跡の以前はお城だったってことをあせあせ
土塁、虎口に萌え萌え目がハート
フォト フォト
松尾山主曲輪からの眺望
フォト

祭り会場へ移動車(RV)
小腹が空いたので、屋台で兵糧調達ウッシッシ
フランクフルト、勝鬨カレーを食べ、やぎ乳ジェラードもうまい!
フォト

笹尾山へ向かい、マイミクさんと合流わーい(嬉しい顔)
「関ヶ原東西武将隊」なるものが出来てる。
フォト
勝鬨が上がり、合戦絵巻の会場まで行進。
サービス精神旺盛な武将の方々、カメラを向けると立ち止まっれたり、
Vサインで応じてくれたり手(チョキ)
フォト フォト
フォト フォト

中には、見物客と素で喋る武将さんも・・・成りきって喋って欲しかったなぁあせあせ

マイミクさんにシートを広げて陣取りをしていただいたので楽々見物手(チョキ)
今回は、島左近にスポットが当ててあった。
大谷吉継の自刃、島左近の討死・・・泣きそうになった涙
フォト フォト
フォト フォト
はぁ~カッコよかったぁ~指でOK

合戦絵巻終了後、家康最後陣跡で記念撮影カメラ
島左近隊に次々と他の隊が増え、賑やかになる様子を羨ましそうに覗く
大谷吉継氏が笑えたうれしい顔
↓↓背伸びしながら「いいなぁ~」とつぶやく大谷氏
フォト

終了後、和カフェでまったりコーヒー
フォト フォト

竹中半兵衛陣屋跡を探すも見当たらず、日没となり断念。
〆は、俵屋でハンバーグ~うまい!
フォト

この日は、東海地方は30℃を超える暑さあせあせ(飛び散る汗)
見てる我々も暑かったが、出演された方々はもっと暑かっただろ~なぁ~
みなさま、お疲れ様でしたわーい(嬉しい顔)
2011-10-15 21:55 | カテゴリ:城・史跡
いよいよ最終日。

今回の大きな目的2つの内の2つ目。
5月に佐和山城で、中井先生に登り石垣は全国に3ヶ所あると教えて頂いた。
彦根はその日の内に行き、伊予松山は6月に行き、残る一つが洲本だったのだ。

5時半起床。今日も晴れそうだぁわーい(嬉しい顔)
フォト
宿の本館にある大浴場で、洲本温泉の湯に浸かるいい気分(温泉)
早くお城に行きたくて、ちゃちゃっと出るダッシュ(走り出す様)

宿で、無料の自転車を借りる。
観光案内所でアシスト付き自転車を借りる事も出来るが、案内所まで行く時間がもったいないあせあせ(飛び散る汗)
ちょいとギィギィ言うが仕方ない、無料だウッシッシ
フォト

淡路文化資料館を過ぎ、洲本税務署の奥にある、教育なんちゃらって建物前にチャリを置く。
フォト
おぅ、はじめからなかなかの傾斜だぜ。
フォト
ちょっと登ったところで石垣発見目
こんな下の方にもあるなんて、当時のものか?と思いつつ登る。
フォト
周りはちょっと荒れた感じがする。
人もいないし、ちょいとビビリモードあせあせ(飛び散る汗)

途中で道が分かれてるが、案内板がなく、どっちへ行けばいいのやらがく~(落胆した顔)
緩やかな方へ進むも、遠回りになりそうだったので、もう一方の鳥居がある方へ。
フォト
ズンズン登っていくと石段になり、また鳥居が見えてきた。
八王子神社だ。巨大な岩と岩の隙間に祠がある。
ここで無事を祈願して更に登る。
フォト フォト

中務母義の郭と東の丸の間に出た。
ここまで来て、人と出会う。地元の人っぽい、朝の散歩かな?
先ずは、中務母義の郭。ここから見る本丸の石垣に萌え~目がハート
フォト フォト
本丸へ行く。模擬天守は老朽化の為、立入り禁止だ。
フォト フォト
小天守台の北東隅は、鬼門除けとして隅を欠いてある。
フォト
搦め手門を出て、西の登り石垣を見る為に木々の隙間に入り込む。
クモの糸と戦いながら、ビビリモード全開で端っこへ。
おぉ~!!結構崩れてるが、登り石垣が見える目がハート
はぁ、がんばってよかったぁ~ぴかぴか(新しい)ハート達(複数ハート)
フォト フォト

西の丸へ。人気がなくなり、ちょいビビリのとこに人と出会って超ビビリあせあせ
↓↓残念石と西の丸
フォト フォト

来た道を戻り、東の丸へ向う途中にパンフレットにある見所をパシッカメラ
↓↓関ヶ原の戦いの後の石垣
フォト
↓↓鎬角(しのぎずみ) 鈍角な石垣の角
フォト
↓↓立石 石を縦に積んである。安全性が低く、この積み方はなくなる。
フォト

南の丸で石垣を楽しんでいると、にょろ男が出現!
逃げてったからよかったぁ~
フォト
↓↓南の丸から下を見る
フォト

馬屋→大手→日月池を通り、武者溜へ。
↓↓東二の門 武者溜の内側から
フォト
↓↓縄張図にない虎口がある
のちに問い合わせたら、遺構ではなく、後世に開けたか崩れたものだろうって。
フォト
東一の門まで行き、東の丸へ・・・
が、ここだけ整備されておらず、木々で容易に入り込めない状態だ。
のちに問い合わせたら、国立公園であり、希少植物が多くある事と、
予算的にも整備が難しいそうだ。
東の登り石垣を見たいが、ビビリモード全開あせあせ
西の登り石垣を見たし、断念することにがく~(落胆した顔)
↓↓東の丸を木々の隙間からズーム
フォト
↓↓東の丸にある二段の郭の石垣
フォト

充分堪能し、来た道を下る。
八王子神社でお礼のお参りをし、最初の分岐で行きかけた道へ進む。
と!上に見えるは西の登り石垣じゃぁ~~~exclamation ×2ハート達(複数ハート)目がハート
うぉ~~~~~exclamation ×2萌え萌え~~~~~ハート達(複数ハート)目がハート
フォト フォト
と言うことは、登り始めてすぐに見た石垣は、西の登り石垣の一部だったんだぁexclamation ×2

淡路文化資料館で洲本城の模型を見て、
フォト
大浜の砂浜で靴をびしょ濡れにし、
フォト
炬の口台場へ行き、
フォト フォト
炬の口城は諦め、
アルチザンスクエアの小空荘で和風豆腐カレーを食べ、
フォト フォト
寺町界隈で建ち並ぶお寺さんの門を撮り、
フォト フォト
宿に戻ってバスターミナルへ行き、
バスをぉ~待つ間にぃ~るんるん(って、この歌わかる人いるのかな?)
淡路島の牛乳を使用したソフトクリームをうまい!
フォト
高速バスに乗り、明石海峡大橋を渡って三ノ宮へバス
フォト
名古屋行きのバスをぉ~待つ間にぃ~るんるん
スープ屋さんで時間潰しに早めの夕食うまい!
フォト

こうして、楽しい楽しい秋ぶら旅2011は終了ウインク
ビビリも多かったが、萌え萌えな城巡りだったハート達(複数ハート)

長々と書き連ねましたが、読んで下さり、ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)
2011-10-14 22:53 | カテゴリ:城・史跡
2日目の後編。

阿波一宮城から徳島駅へ戻り、洲本へ移動する途中に立ち寄れる城へ。

先ずはJRで勝瑞へ電車
勝瑞駅にはロッカーもなく、荷物を転がして行くがく~(落胆した顔)
準備した地図を見るも、方角がわからず地元の人に教えてもらった。
10分ちょっと歩いて到着。
フォト フォト
残ってる遺構は少ないが、水掘、土塁をパシッカメラ
フォト フォト
水掘で甲羅干ししてたカメが、物音に驚いて慌てて水に潜る。
その姿が何とも滑稽で笑えたうれしい顔
フォト フォト
建物はあれど、資料館らしき案内はない。
人もいないし、お寺なのでズカズカ入るのも気が引けて退散あせあせ
鳴門行きの電車が来るまで50分、駅の隣の喫茶店でカレーを食べて待つうまい!
フォト

再びJRで鳴門へ電車
ロッカーはないが、駅で預ってくれる。
駅から撫養城の模擬天守が見えてる、地図がなくても迷わないウッシッシ
フォト
妙見神社への長い階段が見えた目
ご近所の方に、一応確認。
この階段を登れば、あの「城郭風」建物のところへ行けるか?とうれしい顔
もちろんOK!しかし、「城郭風」建物は閉鎖されて入れないって~あせあせ
フォト
ここの階段もキツイあせあせ(飛び散る汗)
頂上着、空き家となった城郭風の鳥居記念博物館が淋しげ。
フォト フォト
妙見神社の裏手に回ると、石垣が!!
お城に関する案内がないので、半信半疑だったが、どーやら当時のものらしい。
フォト フォト
反対側には、ガレ森の美術館や階段状になったミニスタジアム風の空間もある。
ここが千畳敷跡なのかなぁ?
フォト フォト
何桜かな?花が咲いていた。花の前に、赤とんぼが止まった。
フォト フォト

余談ですが・・・
徳島城の支城で、阿波九城ってのがある。
中井先生から支城の話も聞いてたんだが、いっぱい教えて頂いたので、
どこの城の事だったか忘れてたあせあせ
一宮城の案内板に、徳島城へ移る時に一宮城を支城にしたと書いてあり、
一宮城の話しだったとわかったウッシッシ
そして、今日知ったんだが、撫養城も阿波九城の一つだった!
あと七つ、制覇したくなったウッシッシ

下山してぶらぶら。
洲本行きのバスまで2時間も空いてしまったが、もー歩けないあせあせ
鳴門駅周辺には喫茶店がなく、ショッピングセンターのフードコートで1時間、
バス停で1時間潰して洲本へバス

宿へ向かう途中、ライトアップされた洲本城の模擬天守にテンション上がる~るんるん
フォト
宿の部屋番号が誕生日と同じ!ラッキ~るんるん
フォト
この日の夕食は、鳴門で調達した徳島尽しウッシッシ
フォト

寄せては返す波の音を聞きながらぐっすり・・・
の、はずが、隣室の物音で眠れない夜であったあせあせ
2011-10-13 23:42 | カテゴリ:城・史跡
※長~~~いです爆弾

今回の旅は、大きな目的が2つ。その1つが阿波一宮城。
私には、「一宮」と言う苗字の友人がいる。
その友人曰く、「一宮家は徳島の出身で、近くに"一宮城"ってのがあるよ」って耳
"一宮城"近くの出身で「一宮」姓!!
一宮氏の末裔!?か、どーかはわからぬが、全く関係なくはないかも。
これがキッカケでヤホってみたら・・・画像を見て一目惚れしたのだ目がハート

2日目も快晴晴れ
そわそわし過ぎて、バスの発車時刻50分前に駅到着あせあせ
幸い、予定のバスより30分早く出るバスがある事がわかり、そっちに変更指でOK
乗客二人、のち貸し切り。んっ?高知でも同じ事があったなぁうれしい顔

40分で一宮札所前到着。バス停に一宮城の案内板。
フォト
おぉ~!既に登り口で萌え~目がハート
逸る気持ちを抑え、登り口の前にある一宮神社に安全祈願。
フォト フォト
階段状に石が置いてある、傾斜が結構キツイあせあせ(飛び散る汗)
フォト
恐らく、この時、この城に登ってるのは独りきり。
木立の中で早くもビビリメーター反応あせあせ

ちょっと開けたとこに竪堀の看板。
草木でよく見えないが、遺構にワクワクるんるん
フォト
倉庫跡に続き、石積みが見えてくるとテンションは上がるグッド(上向き矢印)
フォト フォト
曲輪を過ぎると、左手にもう一つの倉庫跡や新正屋敷跡への案内板。
むむっ!道が半分崩れてる?立入り禁止だ。
入れないんじゃ~しょうがないなぁ~
って、内心ホッとして先へ進むウッシッシ
フォト

堀切を過ぎ、財蔵丸へ。
ここで景色を眺めながら、今治のゆるきゃらバリィさんのオムすびを食べるおにぎり
フォト フォト
門跡から左手奥に本丸の石垣がチラリィ~目
再び逸る気持ちを抑え、先ずは右手の明神丸を見て本丸へ!!
帯曲輪の奥に天守台がぁ目
フォト
うぅおぉ~~~!!超~萌え萌え~~~ハート達(複数ハート)揺れるハート
フォト
元々は一宮氏によって築かれた中世城郭だが、この石垣は、秀吉の四国征伐後の
蜂須賀氏時代のものだ。
先日鎌刃城で、中井先生と昇太さんに見どころを聞いたところ、お二人とも
石垣が突然出てくる感じでびっくりするとおっしゃってた。
ホントに、突然出た~!って感じだウッシッシ
徳島城の石と似てる。徳島産の石なんだろーなぁ。

さぁ、ここから先が大変あせあせ(飛び散る汗)
一気に道幅が狭くなり、ビビリメータはイエローゾーンにあせあせ
水手丸・小倉丸方面と蔭滝への分岐を、水手丸・小倉丸方面へ進む。
堀切、曲輪跡、花畑と過ぎると、更に赤坂への分岐に出た。
フォト
準備していた鳥瞰図には赤坂がないが、取り敢えず赤坂に進む。
むむっ!!倒木に道が塞がれている!
ここを突破するには、全身で枝を折って行くしかない?
ビビリメーターが一気にレッドゾーンになり、速攻Uターンあせあせ
フォト

空堀、竪堀、土塁を見ながら水手丸の方へ進む。
むむっ!今度は小さな倒木。枝を踏んで越えてみたものの・・・
たかが1m程の高さの段だが、垂直に近い!(気がした)
掴まる木もなく、よじ登るには膝&肩に不安があって再びUターン冷や汗
フォト
小倉丸へ向う。
むむむっ!!
高さは2m超え(?)、傾斜は垂直近い!(気がした)
奥に回る道は、道かぁ?
フォト フォト
心が速攻「ムリッ!」と叫び、とっとと下山開始~ダッシュ(走り出す様)
下りて足を見ると、敵の横矢を受けていたぁ射手座
フォト

一宮神社で無事下山できたお礼のお参りをし、神社前の大日寺でご朱印を
頂いて徳島駅へ戻った。

ドぴーかんで明るかったのに、めちゃくちゃビビったぁ~
こんなビビリで、一人で山城へ行こうってのがムリなんかなぁあせあせ
でも、かな~り萌え萌えだったぁ目がハート
2011-10-12 18:08 | カテゴリ:未分類
初日の後編ウッシッシ
高松も徳島も、4年振り2度目の訪城。
4年前は、まだ城跡への興味が薄い頃、新たな発見もあり萌えました目がハート

徳島への移動時間まで高松城へ。
フォト
前回は天守台の改修工事前で、廊下も渡れたが、今は廊下も改修中。
フォト フォト

三の丸から桜の馬場へ回り、桜門の外へ出ると、前回行ってないところがあった目
フォト
艮櫓だ。現存する櫓で、東之丸から太鼓櫓跡に移設されたものだそうだ。
フォト

更にその奥へ進み、窓口の方に断って旭門から一旦外へ。
旭橋から、艮櫓、旭門を見る。
フォト フォト

そして、埋門。
フォト
なんか点々としたものが・・・蝉の抜け殻がずらりと並んでるぅ~うれしい顔
なんで取らないのかなぁ?
フォト

月見櫓と水手御門と渡り櫓。渡り櫓の石垣に刻紋発見目がハート
フォト フォト
新たな発見ができて、スルーしなくてよかったぁ~るんるん

徳島へは特急で移動徳島に着いて、一目散に新町川へ。
ひょうたん島クルーズで、前回撮りそびれた川からの徳島城を撮るのだカメラ
フォト
これも何度乗っても面白いるんるん
川が三方に分かれている所に、三つ又の橋が掛ってる。
ここの他には、大阪にしか見られない珍しいものだそーだ。
フォト
満潮が近いらしく、橋の下の隙間が狭い。
助任川に掛る橋で、一番狭い所は、乗客は寝そべり、ボートがギリギリだげっそり
次の便は多分通れないだろうって~
フォト フォト
城の石垣は思ったほど見えないが、川岸には昔のままの石積みが一部残っている。
フォト フォト

上陸して宿に荷物を預け、翌日予定していた徳島城へるんるん
バサラ京極隊が見れなかった分、時間に余裕ができてラッキーかも手(チョキ)

JRの線路を渡る陸橋を通り、太鼓櫓から攻める。
石に特徴がある、この辺りで採れる石なのか?
フォト フォト

一旦大手の外に出て、水堀沿いから数寄屋橋を渡って城内へ。
フォト
フォト フォト

東坂口の石段、これキツイんだよなぁ~あせあせ(飛び散る汗)
前回は、部活生が何回もダッシュしてた。
フォト

本丸までの道を改めて行くと、萌え萌え石垣がいっぱいハート達(複数ハート)
「なんにもないじゃん」と思っていた4年前の自分に苦笑あせあせ
フォト

本丸の奥に行くと曲輪がexclamation ×2実はよく調べずに行ったんだあせあせ
西の二の丸、三の丸と、かなり萌え萌えでニヤニヤだハート達(複数ハート)目がハート
フォト フォト

西坂口へ出て、外をぐるっと一周。
ひょうたん島クルーズから見た石積みはこの辺りかな?
フォト フォト

表庭園へ入り、水堀沿いの石垣を内側から見る。
フォト
心でニヤニヤしながら歩いていたら・・・悲劇が起こった泣き顔
まぁ、悲劇は番外編でお話しするとして・・・
公園内で阿波人形浄瑠璃を見て、駅前へと戻る。
フォト
晩ご飯は徳島餃子と阿波ポークの豚飯うまい!
フォト フォト
デザートには、あたり屋の回転焼きうまい!
この日は大人買いする列もなく、即ゲット手(チョキ)
フォト

新町川沿いをぶらぶら歩いて宿へ。
20時過ぎには夢の中~眠い(睡眠)
フォト フォト
2011-10-11 21:54 | カテゴリ:未分類
2泊3日のぶらり旅、先ずは初日の丸亀編。
長いですうれしい顔

金曜の夜、深夜バスで丸亀へバス
渋滞もなく、定刻より20分早く6時50分着。
コンビニで兵糧を入手し、丸亀城を目指すくつ

商店街を抜け、外堀が見え始め、テンション上がっるぅ~グッド(上向き矢印)
全容が見え、天守の高さに思わず「うほぉ~っ!」っと叫んでしまったうれしい顔
フォト
大手から入り、見返り坂~三の丸に上がる坂のキツイことあせあせ
フォト フォト
フォト
天守の入館時間まで、たっぷり2時間周りを堪能ハート達(複数ハート)
フォト フォト
フォト フォト
↓↓搦め手は、山崎氏の時代は大手だったが、京極氏の時代になって変わった。
フォト
何故変わったのか?先日の鎌刃城で中井先生に教えていただいたえんぴつ
京極氏時代になって城下町を持つようになり、城下町側を大手としたそうだ。
結構多いそうで、恵那の岩村城、但馬の竹田城もそうなんだってexclamation ×2
あと1か所教えていただいたが・・・忘れたあせあせ
それと、現在の石垣の中には、古い石垣が埋もれているそうだexclamation & question
丸亀の石垣は、野面、打ち込みハギ、切り込みハギの3種類がある。
↓↓私はやっぱ野面が好きだなぁ~目がハート
フォト

本丸でおにぎりを食べ、開城を待つおにぎり
時間15分前に入らせてもらい天守閣堪能揺れるハート
フォト フォト
備中松山城より大きいだろうと思ったら、現存天守の中で一番小さいそうだexclamation ×2
2階、3階を小さくすることで、全体的に大きく見せてるんだって。
その為、中は細い柱を多く使っていて、角には数本密集させている。
フォト フォト

大手の櫓門の中に入る事ができた。
フォト フォト
団体さんと一緒になり、ガイドさんの説明に耳を傾ける。
が、壁の一方だけ二層になってる理由だけが聞こえなかったぁ~あせあせ
フォト フォト

バサラ京極隊のパフォーマンスまで時間を潰す。
一旦城外に出て、「つづみ」で早めのお昼。
讃岐うどんと丸亀うどんは違うのかなぁ?
讃岐の2~3度噛んでも切れないコシのある麺を想像してたら、1度で噛み切れる。
う~ん、こんなもんなのか?それとも店選び失敗?
フォト

ヘトヘトになりながらも、水堀を一周。
外から見る丸亀城も美しい~目がハート
フォト フォト
水掘りでは、亀が並んで甲羅干ししてた。
フォト

やっと11時!パフォーマンス場所へ行くも、人がいない???
案内所で確認すると、この日は他所のイベントへ行ってるとの事げっそり
なんてこった!この為に滞在時間増やしたのにぃ~涙
翌週は名古屋まつりに出ると聞き、それを狙って・・・
と思ったら、その日は関ヶ原へ行くのでR。
バサラ京極隊とは相性が悪いらしいうれしい顔

滞在4時間ちょっと、散々歩いてヘトヘト~
早々に高松へ移動する事に電車
フォト フォト

さ、この続きはまた明日わーい(嬉しい顔)
2011-10-10 22:47 | カテゴリ:


快晴に恵まれた3連休晴れ
一方的につぶやき放題でしたが、無事帰宅いたしましたぁ~わーい(嬉しい顔)

か弱き(?)オトメ(??)の一人旅だった故、多少ビビリつつも、
無理せず、楽しく過ごしましたるんるん
内容は追々、長々とシタタメます故、乞うご期待!!ウッシッシ

はぁ、徳島でお土産買い過ぎたぁ~ウッシッシ
あっ、半分は実家へのお土産ですよ。
いや、3分の1かな・・・4分の1かな・・・あせあせ

それと、徳島駅前でお米をもらった指でOK
2回通って2合入りを2つ。
3つ目を差し出されたが、さすがに重くなるので断りましたうれしい顔

足がパンパンです。
明日起きれるかなぁあせあせ
2011-10-06 15:47 | カテゴリ:昇太さん
先日の鎌刃城登城&講演の後、至福の時が待っていた目がハート

鎌刃城の主郭で食事を終えた頃だったか、主催者側の方から
「昇太さんの歓迎会をするので参加しませんか?」とお誘いを受けたのだハート達(複数ハート)
なぜ、私たちに声が掛ったのかはわからぬが、嬉しさと緊張が急上昇グッド(上向き矢印)
その反面、部外者がお邪魔してよいのだろーかと言う不安もふらふら

講演終了後ロービーに集合、車に6名乗って米原公民館へ車(RV)
同乗したみなさんも一般参加者だと聞き、ちょいと安心。
会場は公民館の一室で、立食形式。
なるほど、これは人数が多い方が賑わうワケだ指でOK
フォト
参加費を払い中に入ると、部屋の一角にはご馳走がズラリexclamation ×2
地元「味の会」のお母さま方手作りの郷土料理だ目がハート
フォト
ビワマスのフライ、焼きサバそうめん、丁子麩の和え物・・・etc
初めて目にする料理ばかり目
フォト フォト
ここでは昇太さんから遠ざかり、食べる事に専念ウッシッシ
ふなずしにもトライ!匂いは結構キツイが割とイケル指でOK
この1皿で2万円近くするらしいぴかぴか(新しい)
フォト

途中、昇太さんが私たちのテーブル来られて超緊張exclamation ×2
ちょこっとお話しし、お酌するのが精いっぱいあせあせ
昇太さんひとりの写真を撮らせて欲しいと言うと、
「一緒に撮らなくていいの?」ってぇ~目がハート
むふぅ~、またまたツーショットが増えたハート達(複数ハート)

食も大いに堪能したが、滋賀のおじさまの面白さも堪能(?)うれしい顔
米原市長をはじめ、市の役職の方や、安土考古博物館の館長さん、
地元のお偉いさんらしき方々・・・
みなさん気さくで優しいのだが、ここはやはり関西、会話がお笑いだうれしい顔
中でも一番強烈だったのは、ホタルの話をするおじさま電球
もぉ笑いっぱなしうれしい顔

はぁ~っ、濃厚過ぎる至福の一日だったわぁハート達(複数ハート)
昇太さんに会えるだけで幸せなのに、一緒に城跡見て、お話しして、
写真も撮って揺れるハートハート達(複数ハート)目がハート
幸せ過ぎて後が怖い~

夢見心地で米原駅に着くと、ホームでホタルのおじさまと再会exclamation
2駅間、またまた笑いっぱなしでしたうれしい顔
2011-10-04 18:02 | カテゴリ:昇太さん
※今日は短い(?)です(笑)

鎌刃城から戻り、14時からはホールで講演。
最前列のド真ん中に陣取り成功手(チョキ)

どん帳が上がる前に、米原市長と甲冑武者が登場!
フォト
おぉ~!この前立ては京極高次氏ではないかぁ!!
(画像は終了後に撮らせていただいたもの)
市長は「私はよく知りませんが・・・」なんてまさかの発言あせあせ
市長のご挨拶の後、トローンボーンによる笑点テーマに乗って、
昇太さん登場目がハート
いつもの出囃子と違い、なんとな~くギコチない感じほっとした顔
足軽装備製作の話しやなんかがちょいとあって、落語を一席。

どん帳が下り、近江お城大使の委嘱式。
フォト

その後、中井先生との対談。
途中から、ゲストに市長が登場。
なんと、鎌刃城の山の持ち主だそうだexclamation ×2
国の史跡となった鎌刃城を、今後どのように整備するかとか、
のろし駅伝10周年のPRなどなど・・・

楽しい時間は「あっ!」と言う間に過ぎ、終了と相成りました時計

後々、京極高次氏とお話しする機会があり判明した事が・・・
5月の佐和山城の時にお会いした甲冑隊の中にいらっしゃったそうな目
しかも!マイミクさんのマイミクさんでしたわーい(嬉しい顔)
昨年の関ヶ原合戦絵巻にも出演され、今年ももちろん出演される指でOK

それから、この日ご一緒させて頂いた方も、佐和山城にも参加されてて、
昇太さんの独演会でも同じ日に行っていたりと、繋がりがあったるんるん

出ベソで出しゃばりな性格も、こーゆー時に発揮すると繋がりが見えて
よいのかもぉウッシッシ
2011-10-03 22:18 | カテゴリ:城・史跡



※今回も長文です(笑)

待ちに待った昇太さんと行く鎌刃城目がハート
申込時、定員50名に対して、十数番のキャンセル待ちだった。
1ヶ月ちょい前に送った、定員増加検討のお願いメールが功を奏したか
どーかはわからぬが、30名ほど増員されたようだ手(チョキ)

JR近江長岡駅に到着、1分後に出発するバスに乗るべくダッシュ走る人
無事乗車し、集合場所の伊吹薬草の里文化センターへバス
ここからは、バスに乗り合わせた女性と行動を共にさせて頂くことにわーい(嬉しい顔)

受付をすると「B」のシールを渡された。
超~ワクワク&ドキドキしながら待つこと1時間近く?
マイクロバスに乗車し西番場公民館へ。
ここでやっと中井先生のお姿発見目
そして・・・足軽姿の昇太さん登場揺れるハート
この日の為に準備された、昇太さんお手製の足軽装備だexclamation ×2

案内役&昇太さん&中井先生を先頭に、A班B班と続く。
少しでも昇太さんに近付きたいと、B班の班長さんを追い抜いて、
A班のしんがりにつくウッシッシ班長さん、ごめんなさいあせあせ
フォト

さぁ、ここから約2km。いざっ!出陣じゃ~
フォト

登城道は階段状にはなっておらず、上部へ行く程に傾斜がキツイあせあせ(飛び散る汗)
幅は狭く、足を踏み外せば急斜面をノンストップで転げ落ちそうだふらふら
フォト フォト

残り800mを過ぎ、分岐した尾根に出た。
昇太さんは蓮花寺の方へ行かれたようだが、我々は主郭へ向かう道で待機。
フォト

ここからは中世城郭の遺構が続々ハート達(複数ハート)
大堀切の深さがスゴイ目がハート
フォト フォト
昇太さんも単なる山城好きの顔で画像を撮りまくりウッシッシ
フォト
堀切の斜面を、攻め手の気持ちで登る。
ん~!見た目よりキツイあせあせ

ここから横山城が見える。
白×赤の鉄塔の辺り、画像ではわかり辛いが、のろしが上がってる。
フォト

北郭Ⅵ~主郭へと向かう。
ここには礎石があり、地下1階、2層の櫓が建っていたそうだ。
フォト
この土の下には、信長によって破城されて崩れた石積みがあるそうだ。
発掘調査で出たもので、崩落の危険などがある為、埋め戻されている。
フォト
北郭Ⅴには石積みの虎口がある。
フォト

この日、昇太さんは近江お城大使を委嘱され、その記念に碑にサイン。
フォト
このあと、みんなでサイン!いの一番に横に名前書いちゃったハート達(複数ハート)

主郭への虎口も石積みだexclamation
フォト フォト

土塁の内側にも石積みがあり、今は保全の為にシートで養生してある。
その上を舞台にし、昇太さん&中井先生のお話るんるん
中央最前列に陣取って、メモメモえんぴつ
フォト

主郭からは1間(6尺5寸)間隔で礎石が見つかっており、御殿が建っていたらしい。
さらに、一方には半間の間隔で礎石があり、縁が設けてあったことがわかっているそうだ。
フォト

鎌刃城の最大の特徴は、中世城郭には珍しく、土だけのお城ではなく、
石積みが多く使われていること。
信長以降の石積みとは違って、石と石の間には粘土が詰めてあるそうだ。
それをゆっくり見る時間がなかったあせあせ

記念撮影の時に舞台からお二人が下りられ、我々は昇太さんと中井先生に
挟まれる格好になった目がハート
私の横は中井先生だったので、撮影中にコソコソと質問ウッシッシ
そして、そのままお弁当を食べることに。
昇太さんの分は我々の目の前に置かれたまま、本人はカメラ片手に奥へ。
午後のイベント準備の為、昇太さんと中井先生は別ルートから下山。
我々はもと来た道を戻る。

斜面を滑らないように、慎重に歩を進める。
膝にかかる負担が大きく、途中から膝がケタケタ笑ううれしい顔
フォト

転ばずに無事下山、公民館に戻りマイクロバスで会場へ。
14時からの講演まで、まったり待機。

講演のお話は後編へ続くウッシッシ

カメラトップの画像
①セミナーの資料
②講演待ちの間についつい買ってしまった「近江城郭探訪」
③お二人の初対談が掲載されている歴史読本に、
 昇太さん&中井先生のサインしていただいたハート達(複数ハート)
2011-10-01 22:56 | カテゴリ:その他

お年頃肩の治療2回目病院
今日は注射が1本増えた。
1本目は、首から肩にかけての筋(だったかな?)にプチュッ!
ちと痛くて、ちとイヤ~な感覚がまん顔
そして、2本目は前回と同じ腱板にプチュッ!
この前より痛かったぁがまん顔
15分間横になり、服を着ようとして・・・腕が痛いがまん顔
1本目の注射は、「腕が上がり辛くなる事があります」って言われていたが、
上腕が動くと痛い涙
明日もこの状態だとツライと思っていたが、今はだいぶ痛みが取れた指でOK
次回は関節に注射をして、1クール終了する。
その後、2クール目に入る予定。
何度やっても注射はイヤじゃぁ~泣き顔

おっと、もーこんな時間!明日は早いのだ時計
今夜の内に簡単なお弁当も作ったし、お風呂入って寝よっとるんるん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。