-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-11-28 22:47 | カテゴリ:城・史跡
昨日は、豊田のお城へ。

先ずは大給城。
やっぱ水の手曲輪はいいね!萌え~だ目がハート
フォト
今回は、ず~っと下の堀切や、途中にある溝跡のようなものも
見ることができた目
主郭に上がると紅葉がもみじ
フォト
そして、いたよぉ~!マットレス軍団!
大岩によじ登ってるところを目撃ウッシッシ
フォト

松平郷で昼食レストラン
紅葉を見に来てる人が多く、天下茶屋の店内はいっぱい!
扉のない休憩スペースに陣取って注文。
厨房は大忙し、結構待ってやっと来た~
麦とろめし&五平餅うまい!
フォト フォト
食後に高月院まで散策。
フォト フォト

松平城へ。
木が伐採されてる?前回よりも、スッキリした感があった。
フォト

丸根城へ。
空堀のカーブがいいね~
フォト

寺部城へ。
尾州徳川家の家老職家の居城であった頃の建物の礎石が残る。
フォト
ここで、おやつタイムうまい!
フォト

守綱(しゅこう)寺へ。
寺部城城主だった渡辺守綱(もりつな)のお墓がある。
墓石があまり見ない形だ。
フォト
鐘楼は、愛知県で4番目に古いそうだ。
フォト

桜城へ。
公園内に残る石垣。
片面には、クリスマスイルミネーションの網(?)が取り付けてあった。
フォト

最後は七州城。
復元された隅櫓。
フォト
奥にある豊田市美術館前をぶらり歩いて終了。

めちゃ楽しい一日でしたぁ~るんるん
スポンサーサイト
2011-11-23 21:56 | カテゴリ:城・史跡
のろし駅伝ウォーク「探訪史跡京極氏遺跡をゆく」に参加しましたわーい(嬉しい顔)

いやはや、6時に目覚まし止めて、気が付いたら6時40分げっそり
7時4分の電車なのに・・・
着替えながらPCを立ち上げ、乗換検索パソコン
米原まで新幹線、米原から戻る形で近江長岡に到着電車
ジョイ伊吹行きのバスを待つ間、身辺を整えたウッシッシ

鎌刃城へ行った時、米原市長が「過去10年間、のろし駅伝の日に雨が降ったことがない」とおっしゃってた。
15時以降の降水確率は高いが、朝はぴーかん!!
2日前、伊吹山は初雪だったとか。さぶいっ!
フォト

受付を済ませ、4班に分かれてマイクロバスで出発。
鉱山で下車し、弥高寺跡を目指す。
途中、琵琶湖方面を眺める。
横山城、竹生島も見える。
フォト

登り始めて40分、細い登り道に入る。
フォト
この頃から雲が出てきて、めちゃ寒くなった。

弥高寺は山岳寺院のひとつ。
応仁の乱以降、山城として機能していたそうだ。
大門跡は、枡形になっていて、土塁や空堀も見られる。
フォト
大門跡から本堂跡への間には、僧坊跡がある。
フォト
本堂跡の奥にある竪堀や大堀切を見て、本堂跡へ戻る。
フォト フォト
本堂跡で、温かいさつま汁を頂き、お昼ご飯おにぎり
フォト
本堂跡では、のろしが上げられてる。
周りのお城からも、のろしが上がってるのが見えた。
フォト
ここで焼いていたと言う焼き芋を、同じ班のおっちゃんから頂いた。
フォト

1時間の休憩後、上平寺城へ。
途中の道は一人がやっと通れるくらいの幅で、斜めになっている。
一歩踏み外せば・・・げっそり
フォト
30分ほど経って、大堀切へ。
フォト
大堀切から主郭は近い。
主郭には土塁がめぐらされている。
フォト フォト
滋賀県で一番高いところにある上平寺城。
木々の奥には、伊吹山の冠雪部分が同じ高さに見えた。

二の丸、三の丸と下りて行く。
途中、畝状竪堀群を見る。
フォト フォト

下山して、京極氏館跡へ。
伊吹神社の横に、京極氏ゆかりの墓所がある。
やっと下山したのに、また神社の石段を上るあせあせ(飛び散る汗)
フォト
フォト
京極氏館の庭園跡
フォト

これにて全行程終了!
1時間の休憩を除いて、3時間半のアップダウン。
同じ班のメンバーは、どー見ても平均年齢60歳を超えてそうなんだが、みなさん元気!!
アタシは膝が痛ぁ~いあせあせ(飛び散る汗)

マイクロバスでジョイ伊吹に戻ると、焼き芋くれたおっちゃんが車に乗り込むところ。
声を掛けて頂き、便乗して近江長岡駅まで車(RV)
運転していた方は、役所の方の様子。
おっちゃんら5人で送ってもらうとこだったらしいうれしい顔
お蔭で電車にもすぐ乗れてラッキー指でOK

現地は雨にもならなかったし、いい一日になったるんるん
寝坊以外はねウッシッシ
2011-11-22 22:36 | カテゴリ:城・史跡
今月は毎週お出かけ、財布はスッカラカ~ン冷や汗
それでも!中井先生と観音寺城へ行ける機会なんて二度とないかもぉ~!
ってんで、3日前に申し込んで行ってきましたウッシッシ

集合場所へ向う途中、先月鎌刃城で会った方と予期せぬ再会し、テンションア~ップグッド(上向き矢印)
一日、ご一緒させて頂いたわーい(嬉しい顔)

受付では、マイミクさんと再会わーい(嬉しい顔)
今回は甲冑姿ではなく、スタッフジャンパー姿でウッシッシ

先ずは安土城郭資料館内の模型を使って、中井先生から簡単な説明えんぴつ
フォト
マイクロバスに分乗して石寺まで行き、スタート!
フォト

先ずは石寺集落の高所に位置する御屋形跡へ。
見どころは高石垣。
この頃の石垣技術はまだ稚拙で、隅石も算木積みでなく、勾配もなくほぼ垂直だ。
フォト
石に矢穴(くさびの穴)がある。
安土城には矢穴のある石がないそうで、安土の石工とは違う石工だと考えられている。
画像じゃわからないかなぁ?
フォト

来た道を少し戻り、日吉神社の脇から観音正寺を目指す。
ひたすら石段を上る。キツイ!!
フォト
観音正寺の石碑で残り3分の1。更に石段!
フォト フォト
登りきると、赤く色付いた木々と青空が待っていた。
フォト

観音正寺内覧まで時間があるとのことで、予定になかった権現見付と布施淡路丸へ。
権現見付の石垣は、大石も利用して奥まで続いている。
フォト フォト

山の土に残る大石の根っこ(?)。
上部に矢穴の跡がある、割った石は石垣に使われただろう。
フォト

布施淡路丸に向う途中に、奥之院がある。
通常立ち入る事は出来ないが、大岩に摩崖仏が彫ってあるそうだ。
フォト

布施淡路丸への入り口は、知らないと見過ごしてしまう。
フォト
一方だけ尾根を削りだした土塁になっているが、郭の内側に石塁があるのが特徴だ。
虎口は、石塁の端を折り曲げて枡形になっている。
フォト

観音正寺へ戻り、お昼ごはんレストラン
中井先生の横に陣取り、お話しながら安土献立のお弁当を頂くうまい!
中井先生は、お城の絵がある物を収集してるそうで、この包装紙も丁寧に外されてた。
収集第1号は学生の頃熊本で買った駅弁の包装紙で、熊本城の絵が描いてあったそうだウッシッシ
フォト
近江牛の時雨煮、近江八幡特産丁子麩の和え物、湖魚、地場野菜、近江米などなどうまい!
フォト

観音正寺内覧。
本堂は平成5年に焼失後、平成16年に再建。
フォト
本堂焼失と共に御本尊も焼失。
御本尊建立の為、インド政府から特別に許可を得て輸入された白檀の原木。
23t使って、高さ4.8mの総白檀造り千手千眼観世音菩薩坐像が建立されている。
フォト

さぁ、いよいよ本丸を目指す!
観音正寺本堂下の石垣。
城の石垣(左)に、18世紀以降に継ぎ足されたお寺の石垣(右)が見られる。
フォト
18世紀以降に積まれた部分。
石を斜めに積む、落し積みだそうだ。
フォト

観音正寺から本丸は割りと近い。
フォト
本丸は、山の頂上より低いところに造られている。
その理由としては、信仰の山である事が考えられるそうだ。
本丸の表側の石段は、要人用だ。
フォト
石段横には溝が造られている。
暗渠と開渠が見られる。
フォト
本丸の搦め手となる虎口は、石垣が足されているのがよくわかる。
フォト
搦め手側の外には、井戸が残っている。
フォト

平井丸の石垣は、中井先生オススメ指でOK
フォト
平井丸には、埋門がある。
フォト

池田丸は、観音寺城の分譲住宅だって(笑)
あなたも1区画いかが?
フォト

来た道を戻り、下山して教林寺へ。
小堀遠州作の庭園に癒され、ツアー終了。
フォト フォト

集合場所の安土城郭資料館へ戻り、エスプレッソコーヒーを頂く。
フォト

念願の観音寺城、超~萌え萌えで、めちゃ楽しかったぁ~るんるん
ご一緒した方と、またどこかで再会出来る事を願って、帰路についた電車
2011-11-21 23:18 | カテゴリ:城・史跡
大雨予報にもメゲズ!状況次第でコース変更ありでスタートウッシッシ

車中で見ていた情報番組で、B-1グランプリをやってたTV
この前食べそびれた「亀山みそ焼きうどん」を見て、行き先を亀山へ車(RV)

その途中に・・・
以前、日没後になって、少ししか見れなかった神戸城に立ち寄った。
フォト
二の丸も結構広いんだね~
フォト

亀八食堂へレストラン
広い駐車場は車がいっぱい、県外ナンバーのバイク組も自転車
タイミング良く、待つ事無く席に着く。
「みそ焼きうどん」と言うメニューはなく、好きなお肉を選び、うどん玉や、
やきそば麺を追加すると言う注文の仕方だ。
めちゃウマっうまい!
フォト

関宿へ向かう車(RV)
道の駅で教えてもらった足湯いい気分(温泉)
茶色っぽく濁ったお湯で、少々熱め。
結構長い時間ぽかぽかが続いて、めちゃ気持ちよかったぁ目がハート
フォト
古い町並みも割りと長く、いい感じ指でOK
フォト フォト

土山城へ行ってみよう!と言うことに車(RV)
関宿で弱まったかと思った雨が、ザザ降りに雨
住宅の間の細い道を入り、ぬかるみに注意しながら進む。
フォト フォト
角馬出に曲輪、土橋に土塁目がハートなかなか萌え~な城だハート達(複数ハート)
フォト フォト
この翌日にお会いした中井先生が、ここの調査をされたそうだexclamation ×2
そして、黒川氏城もいいよ~って教えてくださった。
また甲賀攻めしなきゃだなウッシッシ

この日の目的地、水口へ車(RV)
先ずは水口城、水堀をぐるり一周。
フォト フォト

雨が弱まったので、行けるとこまで!と、水口岡山城へ車(RV)
登り口らしきとこが2ヶ所ほどあったが、看板はなく、舗装道を進んで山道へ。
先週の見学会の為か、木が伐採してある。
フォト
途中、竪堀の看板があったが、霧でモヤ~ってたので先に進むのは止めた。
本丸の石垣に萌え、本丸へ上る。
フォト
本丸も霧でモヤ~っ
フォト
霧の間に見える町の灯りがキレイ
フォト
本丸から先は、次回のお楽しみにして下山。
駐車場に着いた時には、一気に暗くなった。

紅葉ライトアップを見に百済寺へ行くと、この日は18時で終了あせあせ
行き先を永源寺へ変更車(RV)
う~ん、言葉は要りません目がハート
フォト フォト
フォト フォト
フォト フォト
めがねを掛けたお地蔵様も
フォト

ハンバーグを求めて彦根へレストラン
朝見た情報番組で、美味しそうなハンバーグが紹介されていたので、
頭ん中はハンバーグモードだったのだウッシッシ
「スイス」と言う喫茶店、メニューを見てびっくり目
カレー350円、オムライス400円、ハンバーグ500円・・・
色々頼んでツマミ食いうまい!
フォト

大雨予報にどーなる事かと思ったが、目的も果たせ、充実した一日でしたわーい(嬉しい顔)
〆のパイン牛乳が入手できなかったのが残念だったなうれしい顔
2011-11-13 15:57 | カテゴリ:未分類
爽やかな秋空の下、湖南&湖西へGO!GO!GO~!車(セダン)

先ずは、青地城。
↓グランド横の竹やぶに遺構らしきものが!
フォト
更に丘(?)の方へ上って行くと、下の方の神社が見えてきた。
↓小槻神社、古くていい感じだ!
フォト
↓主郭跡だった志津小学校に向う途中に、堀切(?)がある。
フォト
小学校の門は施錠されていて、他を探そうとした時、横の木立でガザガザと音が!
猿の親子が木から下り、逃げて行くところだった。
それを見ていたら、ご近所の方に声を掛けられ、城跡を見に来た事を告げると、
門の隙間から学校へ入り、城主のお墓があるとこまで案内してくださった。
↓草木に覆われた城主のお墓
フォト
小学校の先にも神社が見えた。多分、小脇神社かな?
小槻神社~小脇神社辺りまでが城域だったらしい、広かったんだなぁ~

次は、西国三十三所札所である石山寺へ。
腹が減っては城攻めは出来ぬ、先ずは門前のそば屋で腹ごしらえレストラン
この辺り(瀬田)は、しじみが取れるそうで、しじみご飯の御膳+そばのセットにウッシッシ
めちゃウマ&めちゃ満腹るんるん
フォト フォト
いざ、石山寺へ・・・
↓ゆるキャラ?おおつ光くん。ローラースケート靴を履いてるうれしい顔
フォト
ご朱印を頂く為に本堂へ行くと、団体さんの分があったらしく、随分待ったあせあせ(飛び散る汗)
フォト フォト
多宝塔は、46年振りに屋根の葺替え修理中。
全容を見ることが出来ず残念だが、修理中の様子を見る方がレアだ指でOK
檜の皮を何重にも重ねていくそうだ。
↓職人さんは口に竹の釘を加えて、リズムよく檜皮を打ち付けて行く。
フォト フォト

次は瀬田城。
↓現在はマンションが建っていて、石碑だけがある。
フォト
↓瀬田の唐橋
 宇治橋、山崎橋とならぶ、日本三名橋・日本三古橋の一つ。
フォト

膳所城へ。
松江城、高島城とならぶ、日本三大湖城の一つ。
おっ!これで全部制覇だウッシッシ
フォト フォト
↓メタセコイイヤの木に、実のようなものが。何だろう?
フォト
↓琵琶湖文化館は城郭風だ。
フォト

大津城へ。
ここも石碑のみだ。
フォト

坂本城へ。
途中、西国三十三所札所の三井寺もあったが、時間の余裕もなく断念。
↓坂本城址公園にある明智光秀像。なんとなく笑えるあせあせ(飛び散る汗)
フォト
フォト
↓歩いて数分の住宅地にも坂本城址の石碑がある。
フォト

ライトアップまで時間があったので、サラダパンを探しに平和堂へ。
う~ん、やはり長浜周辺じゃないと置いてないのかなぁ~がく~(落胆した顔)

西教寺へ。
17時半からライトアップ開始だが、少し早めに行くと誰もいないあせあせ
陽が落ち、暗くなった境内はちょいと怖いふらふら
半信半疑で待つと、17時半にライト点灯電球
ライトが当ると、建物の表情が変わる。
フォト
↓明智光秀と一族のお墓。背筋がちょいとゾクっと・・・
フォト
↓ライトに照らされた葉は、黄色く色付いて見えるもみじ
フォト
↓参道の両側に置かれた灯りには、近江絵(←誤り!「大津絵」でした!)が施してある。
フォト フォト
↓坂本城から移築された門
フォト

日吉大社へ。
坂本城の近くでも見たが、鳥居に特長がある。
山王鳥居と言って、神仏習合の信仰を表す独特のものだそうだ。
合掌鳥居とも呼ばれるそうで、合掌している手を連想した。
フォト
灯篭や提灯に灯りが点る
フォト
太鼓の音がする方向へ行くと、宇佐宮で和太鼓の勇壮な演奏があってた。
お話を伺うと、秩父太鼓や仰木太鼓など色々演奏されているそうで、
仰木太鼓を披露してくださった。
迫力あって、お腹に響く音だ!
フォト
↓西本宮の楼門。
フォト
↓軒下の四隅には、日吉大社の神様のお使い「神猿(まさる)」が。
 魔除けの象徴で、「魔が去る」「勝る」に通じるようにつけられた名前で、
 縁起のよいお猿さんだって。
フォト

晩ごはんは、坂本のお好み焼き屋「千なり」でレストラン
うんまかったぁ~うまい!
フォト フォト

西教寺近くのセブンイレブン、看板の色が黒!
どーやら、地域の景観条例等の理由で色を変えている店舗があるらしい。
フォト

紅葉はこれからって感じだったが、色々と満喫し、大満足で帰路に車(セダン)
〆に、御在所SAで亀山みそ焼きうどんを食べようとしたら、目の前で売り切れ~ふらふら
悔しかったので、みそ焼きうどんのタレを買って帰ったウッシッシ
2011-11-07 23:20 | カテゴリ:未分類
母校100周年祝賀会出席のため帰省。
実家に帰る前に、唐津でお城めぐりウッシッシ

夜行バスは渋滞なく、定刻の10分前に博多に到着バス
電車&バスの計画だったが、友人が博多まで迎えに来てくれる事になった手(チョキ)
この日は唐津くんち祭りの中日、渋滞を覚悟していたが、時間が早かったからか、スムーズに到着車(セダン)

むか~し、昔、虹ノ松原から眺めただけの唐津城。
石垣が結構いい感じだるんるん
200段前後の石段を見て、友人はエレベーターで一気に本丸へうれしい顔
フォト フォト
残念ながら、天守台の石垣が修理中だったが、裏込め石にサインするイベントをやっていたので、初登城記念にサインえんぴつ
今回は、本丸から虹の松原を眺める。
フォト フォト

くんち祭りの行列コースは唐津城の近く、折角なので見る事に。
初めて見たが、なかなか面白い。
町中を、14の曳山(やま)を引いて歩く。
曲がり角では曳山のお尻を振って勢いよく曲がる、迫力あってカッコイイ指でOK
フォト フォト
フォト フォト

名護屋城へ向う途中、呼子でお昼ご飯レストラン
海沿いのお店で、水槽にはイカがいっぱ~いるんるん
フォト フォト
水槽から上げた新鮮なイカの活き造り、足がうにょうにょ動いてるうれしい顔
フォト
コリコリでめちゃウマっ目がハート
足は天ぷらと塩焼きに、これがまた絶品なりうまい!

満腹になったあとは、いよいよメインの名護屋城目がハート
見学所要時間は、博物館と合わせて約2時間。
くんち祭りで少々お疲れ気味の友人は車でお昼寝眠い(睡眠)
私は猛ダッシュで博物館を回り、大手口から突撃走る人
フォト フォト
東出丸から水手口へ抜け、一旦車道に出る。
石垣があり、上に登ると井戸跡がある。
説明板がなく、後でわかったのだが、上山里丸の茶室跡だった湯のみ
フォト フォト

水手口へ戻り、水手曲輪→遊撃丸と進む。
芝の緑がめちゃキレイだ。
フォト フォト
石垣の上に登り、空と海の青に見とれる目がハート
破城され、崩れた石垣がたまらんハート達(複数ハート)
フォト フォト

ニノ丸は結構広い、建物の礎石が見られる。
フォト フォト
弾正丸へ向い、一旦搦手口の外に出て、再び搦手から攻め入る走る人
フォト フォト

馬場→三ノ丸→本丸へと駆け足~
フォト フォト
フォト フォト

本丸がめちゃ広い!御殿の礎石も見らる。
フォト フォト
今も発掘中かな?ブルーシートが数ヶ所
フォト フォト
本丸から遊撃丸を見る目がハート
フォト
秀吉も、ここから朝鮮を眺めなたのかな。
フォト

大手に戻り、搦手に向かう馬場の下を行く。
フォト フォト

結構駆け回って急いだが、2時間近く掛かったあせあせ
友人の所に戻り、案内所で勧められた通り車で山里丸へ車(セダン)
行ってみると、最初に水手口から車道へ出た所の隣あせあせ
車で行く程でもなかったが、友人も石垣に感動してたし、よかったかなウッシッシ
フォト フォト
フォト フォト

台所丸と太閤井戸を見逃してしまった。
日没が迫り、陣跡はまたの機会にして、帰路に着いた。
途中、SAでご当地メニュー「玄海ぶたのミルフィーユ丼」をいただきうまい!
途中で満腹になりながら、残すのがイヤで完食~あせあせ
フォト

めちゃ楽しい&美味しい一日だったぁ~るんるん

あまりにも楽し過ぎて、夜中に一寸法師がお腹の中で大騒ぎ~げっそり
カツ丼完食がキイタかながまん顔
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。