-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-04-30 22:59 | カテゴリ:城・史跡
昨日開催された、第二十回全国一斉お城の日、マイミクさんとご一緒させて頂きましたわーい(嬉しい顔)

先ずは、ミスドで腹ごしらえ&作戦会議うまい!
と言っても、すべてマイミクさんにお任せの、おすすめコースわーい(嬉しい顔)
フォト

1城目は長久手城。
古戦場跡には来た事があったが、城跡は知らなかったわーい(嬉しい顔)
現在は公園になってる。
フォト

長久手城近くに、恐ろしい名前の場所が・・・
「血の池」だぁ~ふらふら
フォト
・・・えっ?池かと思ったら、現在は公園になってた。
長久手の合戦の時、家康方の渡辺半蔵などの武将が、血槍や刀剣を洗った池があったそうな。

2城目は足助城。
以前行った時は閉門時間ギリギリで、建物周りをサクッと見ただけだった。
今回は建物内もじっくり目
↓壁に穴が開いている。壁の向うは武者隠し、板が外せるようになっている。
フォト
↓遠くに、足助七城の黍生(きびゅう)城、鶏足城がある山を望む。
フォト フォト
青空と木々の緑がキレイだぁ~

3城目は田峯(だみね)城。
車1台がやっと通れる道を進む。
駐車スペースに、石碑とトイレ。
ここが本丸跡かぁ?と思っていたら、ちゃんと別にありましたw
空堀を渡り、いくつかの曲輪を通って本丸へ。
フォト フォト
本丸には、御殿、厩、物見台が建てられているが、資料等が残ってなく、復元ではないそうだ。
ここで、お茶を頂いた。お城めぐりしていて、お茶を出して頂いたのは初めてだ湯のみ
物見台からの眺めは絶景なり~
フォト

4城目は亀山城。
作手(つくで)の「つくで手作り村」に駐車車(RV)
駐車場は車とバイクでいっぱい!
しかも、ヤンキーバイクが2~30台、ヤンキーが地べたにうようよw
ここでお昼ご飯。
「つくで」だけに「つくね」を期待したが、なかったのでシカ肉ライスバーガーをチョイスハンバーガー
フォト
亀山城へ上り始めたところで、ヤンキー軍団がけたたましい音を響かせて出て行ったダッシュ(走り出す様)
静かになり、城の遺構を楽しむ。
フォト フォト
二の丸の奥に「古宮城まで20分」の案内板があり、先へ進むと裏手の車道へ出た。
そこから先に案内板がなく、断念。
表の車道の方へ行くと、「石橋城へ6分」の案内板!
これは行けるw

5城目は石橋城。
道を挟んで向かい側にある慈昌寺に土塁が残っている。
フォト フォト

駐車場に戻り、作手名産のトマトを使ったトマトソフトクリームゲットうまい!
ほんのりトマト味で、ウマし指でOK
フォト

6城目は長篠城。
5日の「のぼりまつり」の準備で、幟がいっぱい!
鳥居強右衛門の旗に、目が釘付けw
フォト
鳶が巣山の幟も見える。
フォト

7城目は野田城。
以前行った時の記憶を頼りに案内板を探して行った。
ちょっと木が伐採されてる?
門(?)が増設され、伐採された木で作られたと思われるベンチが増えていた。
フォト フォト
以前は気が付かなかった井戸を発見w
フォト
野田城をあとにして、車道へ出ようとすると、目の前に青い大きな案内板があるではないか!
あはっ、前回はまったく気づいてなかったなぁあせあせ(飛び散る汗)

帰路に就く車(RV)
途中渋滞もあったが、楽しくお喋りして、あっと言う間に到着~
マイミクさんと別れ、地下鉄に・・・むふっ、途中下車電車

〆の8城目は名古屋城。
とっくに閉門時間を過ぎているので、二の丸の空堀を見ながら正門へ。
大手馬出付近の、石垣の重なり合うとこが好きだなぁ。
フォト
正門から幅下門を通り、水掘沿いを散策。
ライトが当たっていて、キレイだ。
フォト フォト

これにてお城の日終了わーい(嬉しい顔)

好天に恵まれ、楽しいお城めぐりでしたるんるん
ありがとうございましたぁわーい(嬉しい顔)
スポンサーサイト
2012-04-28 12:24 | カテゴリ:その他
GWのはじまりは、ドぴーかんだねぇ~!!
我が社はカレンダー通りの休み。
後半の帰省を控え、今日は帰省準備と片付け・・・の予定なのだが・・・

吉野の金峯山寺の秘仏公開が6/7まで。
どーしても、あの青い権現様を拝顔したくて、色々調べ中あっかんべー

出費続き故、先ずはお得なきっぷ検索~

①近鉄の、往復乗車券+金峯山寺蔵王堂の特別拝観券の割引セット=5050円

お得!と思ったが、特急料金は別途必要だし、名古屋~吉野の往復故、他へ行けないあせあせ(飛び散る汗)

同じ特急料金別なら・・・

②近鉄全線3日間フリーパス=4000円

こっちがいいじゃん!どこにでも行けるしぃ~ウッシッシ

しかぁ~し、必ず、土曜+日曜の両日で利用とある。
つーことはだ、2日連続で近鉄沿線日帰りか、奈良に1泊するか・・・
連続日帰りは時間がもったいないし、泊まりだと宿泊費がかかるし・・・さぁ!ドッチ!?

そして、奈良に泊まるとしたら、金峯山寺の他はどこ行こう?
お城を絡めるか?
行きたいお城は山城ばかりだしなぁ、電車+徒歩はツライかなぁ。
環濠集落はどーだ?
それとも、寺社仏閣&古墳?

う~む、悩むわぁ~

って、いい加減に準備しろぉ~あせあせ
2012-04-26 23:38 | カテゴリ:その他
ぴかぴか(新しい)感激その①

先日の日記に書いた、ある団体のお手伝い。
初めてのことばかりで、団体の総まとめをしている事務局の女性に教えていただきながら、バタバタの日々。

6月に催しがあり、昨日はその案内状手配で大わらわ。
案内状の内容について、うちの社長と事務局の幹部が、何度も電話でやり取り。
その様子を見ていた事務局の女性が、私が大変な状態だろうと思われ、電話を掛けてきてくださった。
「出来ることがあれば何でもお手伝いするので、遠慮なく言ってください」って。
事務局は総まとめをされているので、忙しさは半端ないハズなのに、私のことを気遣ってくださったことに超~!感激して泣きそうになった。

今日も、事務局はバタバタしている様子だったが、丁寧にわかりやすくご指導いただいた。
かなりのご迷惑を掛けているのにも関わらず、イヤな感じも与えず、テキパキとされているのがスゴイ!!
きっと素敵な方なんだろうなぁ~

ぴかぴか(新しい)感激その②

GWに実家へ帰る途中、山城へ行く予定。
昇太さんが昨年12月に行かれたとこで、行きたい一心でエイ!ヤッ!と行程を組んだ。
と、ここまでは良かったんだが・・・

標高501m、登るのに1時間かかる・・・
昨年の阿波一宮城で、独りきり状態でビクついてた記憶が蘇り、急に心細くなったのだ。
そこで、思い切って某Kコミュに投げかけてみたが、残念ながら都合が付かず。
でも、色々とアドバイスをいただき、ファイト一発!アタックする勇気が出た!!
今回の某Kコミュの方といい、先日の某Tコミュの方といい、親切な方ばかりで感激だよぉ!

ぼかぁ~シアワセだなぁ~

悪あがきで、某所にガイドを頼めるところがないか打診してみた。
観光案内所かガイド団体の有無を教えてくださると思っていたら、個人に打診していただいてたようだった。
こちらも都合が付かなかったが、個人にまで打診していただいたことに感激した!

ホントに、ぼかぁ~シアワセだなぁ~

と、思っていたら!!!

何と!午前中だけなら案内が出来るようになったとご連絡いただいた!!!!!!!!!!
もぉ~!超!超!超!超~感激ぃ~!!!!!

ホントに、ホントに、ぼかぁ~シアワセだなぁ~

あまりの嬉しさに、浮き足立って仕事でミスしないよーにしよ~っと。
あとは、好天を祈るのみっ!!

感激の連続に深謝!
2012-04-19 23:49 | カテゴリ:その他
みなさんは、霊感がありますか?
私はありませんが、今日はちょっとだけ感じました。

会社で、とある団体に関わるお手伝いをしている。
最近結成されたばかりの団体で、これから色んな活動をすべく準備をしていた矢先、
団体を立ち上げられた代表の方が急逝された。
その後、うちの社長が後を引き継ぎ、準備を進めている状況だ。

社長室で打合せをしていて、社長が案内文書に故人の事を書こうとした時・・・
パンッと音がして、社長が音のする方を見たので、私も振り返った。
何も見えはしなかったが、社長が「今来たね。わかってるからちょっと待っててって言っといた。」って・・・
背筋がゾクッとして、次第に全身がジンジと言うか、ピリピリッと言うか・・・
その状態がしばらく続き、立ってられずにソファに座り込んでしまった。
初めての体験だったので、びっくりした。

社長は、見えはしないが、感じ取ることが出来るそうだ。
故人が亡くなった時間も、寒気がして起き上がれない状態になったとか・・・

友人にも、霊感が強い人がいる。
一緒に歩いてる時に、「あっ!」と言って立ち止まり、「今、出て行った」と言った事があった。

私は見えないし、感じないが、霊感が強いと色々大変なんだなぁ~
2012-04-15 15:54 | カテゴリ:城・史跡
3/17に実施された、滋賀県教育委員会の連続講座での宇佐山城。
足を挫いていて参加できなかったんだが、当日は悪天候で講義のみだったそうだ。
そして、昨日、改めて現地見学のみ開催されたので行ってきた手(チョキ)

集合場所の近江神宮に着いた時には、傘が必要な状態雨
フォト
近江神宮には、ピンク、濃いピンク、白の桜が咲き誇っていた。
フォト フォト
フォト

天気予報を信じ、レインウェアを持って来なかった事をちょいと後悔しつつ身支度していたが、
開始時間近くなるにつれ、小雨になり・・・止んだぁ~指でOK

この日の参加者は36名、お見かけしたことのある方も数人。
近江神宮の脇を通り、宇佐八幡宮への道を登る。
舗装された部分もあるが、結構傾斜がキツイ!
すぐに足ガクガク~&息切れ~あせあせ(飛び散る汗)
フォト

途中、休憩がてら見所などを簡単に説明。
教育委員会の方2名が、肩にロープを掛けているのが気になりつつ、更に登る。

宇佐山城へは、この看板からスタートじゃ!
フォト

地元の小学生が作った案内板が設置してあるルートを登るが、それでも不安になりそーな道だ。
当時の登城道はハッキリしていないそうだ。
はははっ・・・なめてた・・・結構キツイあせあせ(飛び散る汗)
フォト

本丸の下の方にある石垣が見える。
フォト
石垣が見えるところを過ぎ、右手へ行くと、三の丸への土橋がある。
フォト

三の丸到着。
フォト
ここで、3つに班分けされ、私は3班に。
1班出発後、2班の説明が始まった。
その間、三の丸下に残る石垣の一部を見る。
フォト
すると、我が班の引率者は、「2班の説明を聞きましょう」と仰るではないかっ!
そう言っておきながら、三の丸下の平地や比叡山が見える場所へ移動するし・・・
2班出発後、説明はなんもなしあせあせ(飛び散る汗)
2班の引率者は、結構長いこと説明されてたのになぁ~聴きたかったなぁ~もうやだ~(悲しい顔)

三の丸からは、階段で本丸へ登ることもできるが、横へ回り込む。
本丸下には武者隠しがある。
現在は深さ20cmほどの溝にしか見えないが、当時はここに隠れて敵を迎え打ったと言う。
フォト
武者隠しの上には、本丸の石垣が残っている。
フォト
奥にも隅石部分と思われる石垣がある。
フォト
この横から本丸へ登るが、木にロープが括り付けられていて、ロープを使ってよじ登る。
あのロープはここで使うためだったんだね~

現在、本丸はNHKと民法の電波塔が建てられている。
フォト
建物の下に、遺構が見つかっている。
石を用いた溝だ。
フォト
遺構を物置にしてるとは、けしからん!と、おっちゃんが言っていた。

二の丸との間には、枡形虎口がある。
外枡形になっている。
フォト
二の丸下には、石垣がしっかり残っている。
宇佐山城、最大の見所だ。
フォト フォト

本丸、二の丸、三の丸、みな狭く、完全な陣城であっただろうとの事だ。
あとはひたすら下り、宇佐八幡宮へお参りして集合場所へ戻り、解散~
いつか単独で行こうと思っていたが、いやいや、単独でなくてよかったぁ~あせあせ(飛び散る汗)
フォト

下山した頃には快晴~
近江神宮へお参りし、三井寺まで歩くことに。
フォト

途中、近江大津宮錦織遺跡が数箇所ある。
フォト フォト

3班の引率者のおじさまから、大津一美味しい蕎麦屋を教えて頂いたが、
どの筋なのかわからず、見つけきれずに三井寺に到着してしまった。
今、記憶にあるキーワードで検索したら、三井寺のすぐそばの「開運そば」だったあせあせ(飛び散る汗)
うげっ、「円満院門跡」って見たぞっ!!

念願の三井寺にテンション上がっるぅ~!!
桜も満開で、人もいっぱ~い!!
フォト
パンフレットの順路通りに進む。
北政所により再建された金堂(本堂)
フォト
一切経蔵と三重塔
一切経蔵は、毛利輝元に寄進されたもので、山口県の国清寺から移築されたもの。
三重塔は、徳川家康に寄進されたもので、奈良県の比蘇寺から移築されたもの。
フォト

西国三十三所観音霊場の第十四札所である観音堂へ登る。
ふぅっ、足がガクガクだぁ~
フォト
観音堂
フォト
ここで、宇佐山でご一緒したおっちゃんと再会。
どこぞへ寄ってから来られたそうで、いやぁ~おっちゃん元気だわぁ~

観音堂からの眺望。
空の青と琵琶湖の青!桜のピンクが映える!
フォト
更に山手へ登ると・・・もっと素晴らしい景色が広がっていた!!
フォト
遠く、宇佐山が見える!(中央手前の山、電波塔が見えるかな?)
結構高さがあるね~
フォト

左甚五郎の彫刻を見逃したので、金堂へ戻ることに・・・
が、行けると思って下りた階段は外へ出てしまい、再び階段を上って元来た道へあせあせ(飛び散る汗)
この階段がか~な~り応えたぁ~あせあせ(飛び散る汗)
金堂横の閼伽井屋(あかいや)に施してある彫刻。
左甚五郎作と伝わっている。
フォト

三井寺を超満喫し、JR大津駅を目指す。
腹ペコのまま曳山展示館があるアーケードへ突入。
何かあるだろーと思ったが・・・肉屋さんはやたらと目に付いたが、喫茶店などがないあせあせ(飛び散る汗)
しょーがない、大津城の石垣を撮って駅へ向かう。
フォト
駅ビルにレストランはあったが、惹かれるものなく、売店でチョコを買って帰ることに。

近江神宮に集合してから電車に乗るまで7時間、休憩なく歩き続けて疲れたぁ~
電車も満員で、草津でやっと座れた。
能登川で、先週大嶽でお世話になった語り部さんが乗って来られた!
日頃は、賤ヶ岳や小谷の案内をされている。
お休みの時は、ご自分の好きな山城や史跡へ行かれてるそうで、この日は沖島へ行かれた帰りだとか。
日頃から動いてらっしゃるのでお元気だ!

これで、3週連続山城ツアー終了ウッシッシ
1ヶ月以上前に挫いた足が、また痛んできたし、GWまでオトナシクしよ~っとあせあせ
2012-04-11 00:12 | カテゴリ:城・史跡
昨年10月、悪天候のため中止になったウォーキング・ツアー、
「信長の小谷攻城ルート~焼尾砦から大嶽を攻略する~」に参加るんるん
前日の天気予報では降水確率60%、しかも雪雪
またしても中止かっ!と心配したが・・・

朝からぴーかん晴れ
超~ルンルンで、友人としゃべくりながら電車を乗換えようとしたら・・・
乗るはずの電車がないっ!?げっそり
乗換え時間は3分あったのに、到着自体が遅れたのか?
担当の方に連絡し、集合に遅れる事を告げるあせあせ(飛び散る汗)

河毛駅に到着、雪がちらほら舞ってる~雪
待っていて下さったスタッフさんの車でスタート地点の和泉神社へ車(セダン)
フォト
ここで、東京から参加の友人と合流るんるん

先ずは和泉神社を見学。
静岡県三島市の三嶋大社の神さま、三島大明神が姿をあらわしたと伝わる「御手洗(みたらし)」。
フォト
和泉神社のご本殿は、長浜市指定文化財。
曳山祭の山車を作った、細工を得意とする大工の藤岡和泉の造営。
フォト
宝篋印塔。元々五輪塔だが、笠と台座しかない。
「浅井三代記」に、戒名を彫った塔身を竹生島沖に沈めさせたとあるため、
浅井久政・長政父子の墓と伝わるも、近年、違う事がわかったそうだ。
フォト
ここで2班に班分け。
おばさま方がしきりに「すけまさ班~」と言っていたので、「すけまさ」さんと言う
ガイドさんが人気なのかな?と思ったら、浅井の「長政」と「亮政」で班分けだったw
フォト
さぁ、大嶽よ!今から行くからなぁ~!
フォト

信長の小谷攻城ルートである焼尾砦から攻める。
明神宮跡からスタートじゃ!
フォト
登る!
フォト
登る!
フォト
ぬぉ~!私の中では、有子山に次ぐ急勾配!
雪解けでぐちゃぐちゃの足元、滑り落ちないように周りの植物の細い枝を掴んで登る!
時々、掴んだ枝が既に抜けていて、慌てふためきながら登る!
写真を撮る余裕もなく、ひたすら登る!
ひぃ~っ!!キツイぃ~!!
お姉さま&お兄さま方は健脚でいらっしゃる!!
この急斜面を、信長は雨の日の夜に登ったと言うからもっとスゴイ!!
↓山田山を望む。頂上は、信長が陣取った陣屋ノ馬場(ばんば)だ。
フォト
途中、説明を聞く時間も含め、1時間半経過!
↓この堀切からが大嶽城域だ!
フォト
↓堀切の手前で、遠く琵琶湖を望む。
山本山城、丁野山城、中島城が見え、右手の方には賤ヶ岳砦が見える。
フォト
↓大嶽城本丸
フォト フォト
ここでお昼ご飯おにぎり
近くに座ったおじさまから黒砂糖をよばれ、おばさまからりんごをよばれ、
主催者さまからは小谷城最中をよばれたうまい!
フォト
この「よばれる」、九州でも聞いた気はするが、関西の方言なんだろーか?
東京の友人がとても気に入って、しばらくみんなで「よばれる」連発w
再出発前に説明があったが、なんだったか・・・聞いてなかったあせあせ

さぁ、これから下りだ。
フォト
途中、後ろのおじさまに話しかけられ、山城好きだと言うと、
「城ガールは会ったことあるけど、山城ガールは初めて会った!」だってw
↓清水谷と虎御前山
フォト
↓小谷城 奥には雪を被った伊吹山
フォト
結構下ってきたところで、やっと福寿丸。
虎口は二ヶ所あり、北側の虎口の外側には堀切がある。
一見、二重堀切のようにも見える。
フォト
↓土塁の向こうが福寿丸の郭
フォト
先進的な造りだそうだ。

更に下って山崎丸へ。
こちらも虎口が二ヶ所ある。
↓枡形になっている。
フォト
↓郭の中も土塁があり、複雑になっている。
フォト
こっちも先進的な造りだ。
↓もうひとつの虎口は斜面だ。
フォト
↓山崎丸の前には竪堀も見られる。
フォト
あとはひたすら下って、清水神社へ。
フォト

河毛駅まで、スタッフの方々がピストン輸送(?)車(セダン)
帰路は、長浜駅で途中下車。
先ずは駅前の平和堂でサラダパンゲ~ット!!
そして、黒壁スクエアに移動して、焼き鯖そうめんをいただきぃ~うまい!
フォト
カフェでまったりしようと移動するも、17時で閉店涙
城下町は終わるのが早い~
カフェは断念して名古屋に戻ることに電車
長浜駅近くで、ひょうたん饅頭(?)をゲット。これがウマイのだ!!
フォト
米原からは立ちっぱなしだったが、お喋りしてるとあっと言う間だ。
東京の友人の、「名古屋駅ホームのきしめんを食べてみたい」と言う一言で、
〆は「住よし」に決定ウッシッシ
炭水化物に次ぐ炭水化物だが、ペロリと完食うまい!

これにて楽しい一日は終了わーい(嬉しい顔)

朝方まで積雪があってめちゃ寒かったが、晴天になってよかったぁわーい(嬉しい顔)
それにしても、焼尾砦の登りはキツかったぁ~あせあせ(飛び散る汗)
音を上げそうになったが、無事に登れ、念願叶って嬉しいぞぉ~るんるん
山城バンザ~イハート達(複数ハート)
2012-04-05 22:37 | カテゴリ:城・史跡
4/1の後編ですぅ~

丸子城の次は、まるい縄張りの田中城。
3/24放送の「ウィークエンド中部」で、昇太さんが行かれてた城だウッシッシ

先ずは、下屋敷庭園跡へ。
ここには、本丸にあった櫓が移築されている。
明治3年に移築されてから、住居として使われたそうだ。
フォト フォト
仲間部屋・厩には、馬が復元(笑)されてる。
フォト

本丸跡である小学校へ向かう途中、いたるところがカーブ。
フォト フォト
小学校の校門を入ると、ニミ田中城が目
三日月掘りまで再現されてる。
フォト
小学校を出て、大手一の門の橋へ。
昇太さんが見ていたとこだぁ~目がハート
フォト
ふむふむ、水堀がカーブしてる。
フォト

途切れ途切れに残っている土塁をいくつかまわる。
フォト フォト
ここが昇太さんが登っていた土塁だぁ目がハート
もぉ~ウハウハだるんるん
フォト フォト
まぁるい遺構に合わせて町が出来てる、なかなか面白い城だ。

さぁ、トリは諏訪原城。
鬱蒼としていた林が、かなり伐採されてスッキリしていた。
フォト
ただし、伐採した木々が空堀の中に入れらて、堀の底が見えなぃ~あせあせ(飛び散る汗)
あっ、カラーボール持ってくるの忘れたw

二の曲輪の北馬出しは初めてだ。
門跡の礎石がある。
フォト
ここからは、遠く富士山が見える。
フォト

二の曲輪、本曲輪を突っ切って下へ下りる。
フォト
この先はもう車道だ。
フォト
山城だが、周りが車道になってるので、山城であることを忘れそうだ。
本曲輪下を回り込む為にもう一段下りる。
大した高さじゃないが、傾斜があって転びそうで一歩が踏み出せないあせあせ(飛び散る汗)
後ろ向きになってソロソロと下ると、マイミクさんは横をスイスイ~
ははっ、アタシはビビリ過ぎだなぁあせあせ(飛び散る汗)
下りてからはウハウハで進むウッシッシ
フォト

本曲輪へ上がろうとした時、斜面の上に黒っぽい物体が!!
なんとぉ!カモシカだぁ!ニホンカモシカカモ?
フォト
彼(勝手に男子w)は驚いた様子もなく、我々が驚いてるのをじ~っと見てる目
急いでシャッター切らねば!と焦っていると、まだじ~っと見てる目
「な~に焦ってんだか、好きなだけ撮ってきなぁ~」ってな感じカモシカw

カンカン井戸→水の手→三の曲輪→三の曲輪東馬出しへ。
空堀と土橋にウハウハだぁ目がハート
フォト
フォト
フォト

はぁ~っ、土のお城はいいねぇ~萌え萌えだぁ~目がハート
楽しい時は「あっ!」っと言う間に過ぎ、金谷駅でマイミクさん×2人とお別れ。
名古屋を目指して高速へ~車(セダン)
再び浜名湖SAに寄り、Curry-1グランプリ優勝の地場産ポークのカレーをいただきぃ~うまい!
フォト
渋滞の道のりも、楽しいお喋りでなんのそのでしたぁ~るんるん

念願叶って大満足の一日でしたぁハート達(複数ハート)
ご一緒させて頂いたみなさま、本当にありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

昇太さんとお話する機会があったら報告しよぉ~っとウッシッシ
2012-04-04 00:05 | カテゴリ:城・史跡
ややこしぃタイトルですが、4/1の駿河の城攻め日記ですぅ~わーい(嬉しい顔)

前日の雨に、またもや雨で登城を阻まれるのかぁ?と気を揉んだが、
三度目の正直!晴れましたぁ~晴れ

頑張って早起きし、マイミクさんの車でレッツラゴ~車(セダン)
浜名湖SAを通るのに、これを逃しちゃ~ならねぇ~w
コルネアイスの朝ごはんるんるん今回はミックスうまい!
浜名湖を眺めながらいただきぃ~!ウマイっ!でも寒ぅ~w
フォト

話も弾み、あっと言う間に焼津駅到着車(セダン)
マイミクさん×2人と合流。
焼津の空の青さにテンション上がっる~グッド(上向き矢印)

さぁ、目指すは丸子宿車(セダン)
誓願寺に到着!!おぉ~青空に映える山うれしい顔
もぉ~ニヤニヤだよぉ~ウッシッシ
フォト
丸子城ぉ~!!攻め入るぞぉ~!!
階段をリズムよく登る!
フォト
ペースダウンして登る!
フォト
ヘロヘロで登る!
フォト
ゼェゼェで更に登る!!
フォト
以前来た時は下った道だが、こんなにキツかったっけぇ?あせあせ(飛び散る汗)

本曲輪に到着!
フォト
本曲輪から西側を見ると、もぉ~ウホウホのウハウハだよぉ~目がハート

↓喰い違い虎口から下りる
フォト
↓大鑪曲輪(丸馬出し)から南に下りる竪堀
フォト
↓大鑪曲輪の下から見た側面
フォト
1月末の見学会の先生は、大鑪曲輪から本曲輪へは木橋が架かって
いたのではないかと仰ってた。

↓長大竪堀。巾10m、深さ2~3mで、裾野まで続いていると言う。
マイミクさんが堀に入ってくださった指でOK
ここは巾10mはないが、それでも大きい!!
フォト
先生は、この長大竪堀を途中まででもいいから下ってみて~
と仰ってたが、ムリッ!www

↓横堀沿いに北へ進む。
フォト
↓ここは出構えと記されてる辺りか?
内側と外側、両方が削られている。
フォト
↓これは堡塁かな?
フォト
ここを過ぎて、一旦上がってみると、完全に二の曲輪を過ぎ、
北曲輪へ出た。
フォト

因みに先生ネタ・・・
二の曲輪~本曲輪が南城で、武田時代のもの。
北曲輪~大手曲輪が北城で、今川時代のものでR。

↓北曲輪付近から東側を望む
フォト

またまた先生ネタ・・・
東側の斜面にもいくつか竪堀があるが、西側よりも浅いそうで、
物資を運ぶ目的で使われていたそうな。

大手曲輪から土橋を渡る
フォト フォト
大手曲輪の北側の三日月堀
フォト

このまま駿河匠宿の方へ下りる。
フォト

はぁ~っ、丸子城萌え萌えだったぁ~目がハートハート達(複数ハート)揺れるハート
自分では、大騒ぎしたい想いを必死に抑えていたつもりだったが、
それでもうるさかったんではなかろーかぁ?あせあせ

なんにもないじゃん!と思っていたのに、見所テンコ盛りだわぁ!!
興味があるとないとじゃ大違いだねあせあせ
まだ見尽くせてない遺構があるので、また行きたぁ~い目がハート

麓を回って誓願寺へ戻り、再び片桐且元のお墓へ。
そぉっ!近くにあった墓標の「鑪」は「たたら」と読むんでした!
家に帰り着いて、やっと思い出したw

丸子を満喫した後は、お腹を満たすべく焼津へ車(セダン)
小川魚河岸食堂で海鮮丼の上指でOK
生シラスに桜えび、カツオにイカ、えびにマグロ、サーモンにイクラるんるん
どえりゃ~うみゃ~でかんわぁ~うまい!
お裾分けでいただいた太刀魚の天ぷらも、ふわっふわで絶品でした指でOK
フォト フォト
食堂前から、遠く富士山が見えていた富士山
フォト

さぁ、腹ごなしに次へレッツラゴ~車(セダン)

後編へつづく・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。