-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-08-26 00:13 | カテゴリ:城・史跡
大阪のマイミクさんが本丸御殿を見に来られるとのことで、ご一緒させて頂くことに(^^)

朝のんびりし過ぎて、慌てて家を出て集合場所へ急ぐ~
朝からめちゃくちゃ暑くて、到着した時には汗だくだくだく~(^^;

全員集合し、正門から城内へ。
一旦、売店へ入ると、既に本丸御殿の見学を済まされてたマイミクさんと遭遇!!
ここでお会いできるとは、びっくりぃ~

西南隅櫓は昨年1月から工事に入っていた。
昨年も城内に入ったよーな気がするが、全然知らんかった(^^;
完成予定は2014年10月だ。
フォト

表二之門から入ると、見学待ちの長蛇の列!
一時間待ちだってぇ~日陰で助かったぁ(^^;
待ってる間、お喋りしながら石垣の刻印も楽しむ(^^)
フォト フォト

いよいよ中へ。
フォト
入り口には壁土の材料が並べられ、壁土塗りの体験が出来る。
フォト
消石灰+上白雪スサ+角又=砂漆喰となるそうだ。
フォト

なんと!ここで顔見知りのマイミクさん×2と遭遇!!
今日は驚きの連続だぁ~

壁土塗りは、左手で壁土を乗せる板を持たねばならないので断念。
壁土塗りするマイミクさんを見学(^w^)

1階部分を見学。
当時の礎石は、コンクリートの下で保存されているそうだ。
フォト
カンナ掛け、真っ直ぐ引くのって難しそうだぁ。
フォト
カンナくずが、おいしそうな鰹節に見えるw
フォト
材木は、用途別に整理されている。
フォト フォト
梁に使用する大きな丸太。皮を剥ぎ、これから加工していくそうだ。
フォト
その丸太に謎の溝!
丸太を転がす時に工具で引っ掛けるので、この溝が出来るそうだ。
残念ながら、工具の現物はなかった。
フォト
本丸御殿用に特注で作られた穴屋ノミたち。
ほぞ穴を掘るのに使われるんだって~
フォト

御殿の玄関へ回るため、一旦外へ出る。
表一之門横の石垣を本丸御殿側から見ると、ここにも田中筑後守の刻印があった!
フォト フォト

本丸御殿玄関内部へ。
唐破風の内側が見える。
フォト
障壁画「竹林豹虎図」の復元模写が展示されている。
フォト

あとは、上階から見学。
フォト フォト

見学終了後、正門横のお店で昼食&休憩。
名古屋城を後にして、四間道へと向かう。
オススメのカフェ3軒に立て続けにフラレ、国際センター地下のコンパルへ。
しばし歓談し、見学会オフは終了。

御殿が完成したら見る事はできない部分を見れ、久し振りにお会いしたみなさんと
お話も出来、めっちゃ楽しいひとときでしたぁ~♪

この後、春風亭昇太さんの独演会に行き、楽しいことづくしの一日でした♪
あっ、独演会では、志の輔さんネタはありましたが、城ネタはまったくありませんでしたw
フォト

この日、家に帰ってマイミクさんの日記を見て知りました。
本丸御殿の1階の現場見学は、一日限りの特別見学だったってことを(^^;
それでマイミクさん遭遇率が高かったんだぁwww

※おまけの画像
 円頓寺商店街のロックバー「テラゾ」
 「月曜定休」と見えたが、日曜18時半で電気が点いてない・・・
 入り口上のベニアが取れかかって、なんだか営業してるよーには見えなくなってる(^^;
フォト
スポンサーサイト
2012-08-21 21:19 | カテゴリ:食いしん坊


はいっ、今日も調子に乗ってw

そら豆ごはんにしてみました♪

そら豆を一緒に炊くか?別茹でして後混ぜするか?
迷った挙句、一緒に炊くことにしたが・・・

豆がやわらかくなり過ぎて、ボロボロになっちゃった(^^;
次回は別茹で、後混ぜだな(^^)

味はバッチリ(^^)d

今日は、従兄弟(鹿児島の叔父&叔母の次男)のお嫁さんから、そら豆のお菓子が送ってきたw
一昨年は、そら豆のストラップをお土産にもらったんだ(^^)

どんだけそら豆好きなんだかっwww
2012-08-20 22:05 | カテゴリ:食いしん坊


はいっ、今日もそら豆たんまりw

昨夜食べ切れなかったかき揚げは、卵とじを掛けてかき揚げ丼に。
出汁が少なかったので、卵とじと言うより、卵焼きっぽくなってしまった(^^;

そして、まつさんに教えて頂いた煮豆に挑戦♪
軽く下茹でしてアクを取り、ひたひたの水にお醤油とお砂糖。
うすくち醤油を切らしていて甘めのこいくち醤油を使ったので、色が濃くなったが、美味しく出来た(^^)v
ちゃんと切れ目も入れたので、中まで味が染みてます♪
2012-08-19 21:10 | カテゴリ:食いしん坊

そら豆大好きな私。

毎年GWには鹿児島の叔父の家に行く。
叔父は、趣味で野菜などを作っているが、数年前からそら豆も作ってくれるようになった♪
GWには、一緒に畑で収穫して、新鮮なものを頂く(^^)
叔父の家の隣家の方も、私がそら豆好きだと知っていて、ご実家で作られてるそら豆を分けてくださる(^^)
そして、今回お盆に叔父の家に行った時、隣家の方から冷凍しておいたそら豆を頂いた♪♪
ご実家で冷凍していたものを、わざわざ持ってきて下さったそうで、もぉ~嬉しくて嬉しくて♪
叔父と叔母の人柄のお陰だなぁ(^^)v
昨年だったかなぁ、お礼のお手紙を出した時に、私の名前を「そら 豆子」と書いたら、大ウケしたよーで、
今では、私の話しをする時には「そら豆子ちゃん」とおっしゃるそうだw

お盆で立ち寄った他の親戚宅では、そら豆を見ると私を思い出し、私を見るとそら豆を思い出すと言われたwww
ん~っ?なんでそら豆好きと知っている?
そんなに私のそら豆好きが広まっているとは驚きだw
そら豆の食べっぷりが話題を呼んだのかwww

頂いた冷凍そら豆はちゃんとクールで送ってもらった(^^)v
今日は茹でたもの以外に、そら豆+たまねぎ+ちりめんじゃこのかき揚げを作ってみた(^^)
揚げ物が下手なので、見栄えは悪いけど、美味しくできました♪

なんてシアワセなんだろ~♪
叔父と隣家の方に感謝!感謝!
2012-08-18 11:41 | カテゴリ:城・史跡

やっぱ行かないかんど(^^)

この日、午前中はお墓参りに行ったり、買い物に行ったり。
翌日の鹿児島行きの準備をし、14時半から加藤清正展が開催されている熊本県立美術館へ。
どーやらマイミクさんと、入れ替わりだったらしい。

美術館へ来るのは、か~な~り久しぶりだ!!
加藤清正展、細川コレクション、現代絵画のセット券を購入。
観るのに意外と時間がかかり、閉館時間を気にしつつ、ちょっぴり急ぎ観。
すぐ近くの博物館で開催中されている、兄貴オススメの恐竜展までは行けなかった(^^;

美術館横に門跡がある。昔は気づきもしなかったぞぉ。
案内板がないので、何門かはわからない。
外側から見ると、枡形になっているのがわかる。
石垣に沿って空堀もある。なかなかイイ感じじゃ~
フォト フォト

で、これまた初めてのよーな・・・
護国神社があった!知らんかった~
フォト フォト

二の丸から天守を眺める。
宇土櫓、小天守、大天守が一望できる。
フォト
西出丸の戌亥櫓の背後に見える大天守と宇土櫓
フォト

監物台の方から加藤神社へと向かう。
フォト フォト

ここからの宇土櫓は、よく見る構図だ。
ん~、美しい♪
フォト
むむっ!犬走りを目で追っていくと、こんなところに門のよーなものがぁ!!
抜け穴があると言う話は聞いたことがあったが、これのことか!
う~む、まだまだ知らない事がいっぱいあるなぁ。
フォト

今だけ、17時~夜間開園で200円。
立ち入り区域が限られるが、天守で確認したいことがあっただけなので、この時間を選んだ。
天守へ行く前に、宇土櫓へ。
フォト
宇土櫓から見る続櫓。
フォト
宇土櫓内部。
床板はすべて横使い。走っても滑らないようにだな。
フォト
宇土櫓から、加藤清正の菩提寺である本妙寺を見る。
昔は、会社の昼休みにお弁当持って花見に行ったもんだぁ。
(中央より左上方向、木々の中に建物が見えるとこ)
フォト

闇り通路手前の石垣。
西南戦争の戦火で爆ぜた痕だ。
フォト

闇り通路を通り、本丸へ。
フォト フォト

小天守入り口から右手下を見る。ここの角度が好きなんだなぁ~♪
残念ながら、ここは立ち入り禁止なのだ。
フォト

今回確認したかったのは、ここの上。
フォト
なんと、厠(復元)があるのだ!
小天守と大天守の石垣が交差する場所、下からよじ登れないように張出して厠を造ったそうだ。
展示物からちょっと離れていて、気付きにくい場所。
私以外見る人もいないw
フォト

大天守最上階から見る小天守。
夜間開園では小天守には入れない。
フォト
大天守最上階から見る本丸御殿。
フォト
おっ、城東小学校にひごまるくん発見!
フォト
大天守最上階から見る実家方面。
フォト

おもてなし武将隊だろーか、本丸で槍のお稽古中。
フォト
18時~おもてなし武将隊による見学会があっていた。
フォト

友人との待ち合わせ場所へ向かう為、城外へ。
御幸坂を下っていくと、こんなとこに入り口が!
西櫓門だって~!これも初めて気がついた(^^;
立ち入り禁止になっていたので遠くから見るだけ~
フォト

飯田丸五階櫓と備前堀
フォト フォト
馬具櫓跡から長塀沿いを歩き、平御櫓の下へ。
フォト フォト
須戸口門を振り返る。
フォト

ん~、何度行っても見どころ満載!スゴイぞ熊本城!
地元愛全開だw
今度はどこから攻めようかなぁ♪
2012-08-17 22:13 | カテゴリ:城・史跡


8/10就業後、新幹線で一路博多へ。
従兄弟の職場へお邪魔してしばし歓談し、博多駅近くのホテルに宿泊。

翌8/11、前日夜から降り出した雨は降ったり止んだり。
炎天下の中を歩くよりはましだと気を取り直し、JR在来線で基山町へ。
駅には手荷物預かり所がなく、事前に役場の方に手配して頂いた自転車屋さんに荷物を預けて、
基肄城目指してスタートじゃ!
フォト

以前はあったらしい路線バスは今は無く、目指す第1ポイントまでひたすら歩く。
むむっ、マップからして目的地はあのモヤモヤの中かぁ?
フォト フォト

途中、地元の氏神様の老松宮と言う、古いステキ神社を発見。
由来などの看板がなく、作業されていた地元の方に聞いてみたが詳細は判らず。
フォト フォト

神社を過ぎた辺りから登りの勾配がキツク感じるよーになってきた。
コース案内板を1つ見落としたよーで、2度ほど道を尋ねながら行く。
更に勾配がキツクなり、ヘロヘロになりながら登ると・・・
そこには第1ポイントの水門が待っていたぁ~
スゴぉ~!!萌え萌え水門だぁ!
疲れも吹っ飛び、ニヤニヤが止まらない♪
現在、石垣は一部修復中。
フォト フォト
フォト フォト

水門の上には、猿田彦神社がある。
ここも萌え萌えだぁ~♪
フォト フォト

水門まで予定時間オーバー、1時間以上も掛ってしまった。
ここからは登山道をひたすら登る~
フォト フォト

くぅ~っ!結構険しいぞぉ~!
ハイキング程度の軽く登れるとこかと思っていたら甘かった!
クモの糸は引っ掛かるし、ひらひらした奴らがやたらと飛び交うしぃ~
ひょっとせんでも、この山に独りぼっち状態なんじゃ~?
フォト フォト

ビクビクしながら半泣き状態で登り、やっと木々が切れて・・・頂上かな?
ん?登山道から登ってきたのに、来た道を指す方向は「史跡コース」?
フォト フォト

頂上は完全に霧の中~
上り禁止になっている展望所で休憩しようとしたが、ハチに出迎えられて退散。
第2ポイント辺りを見るがよーわからん。
第3ポイント方面へ行ってみようと来た道を反対側へ下り始めたが、どーも違う様子。
行こうか戻ろうか悩んでいた所に人の声!!
下から登って来られたご夫妻に声を掛け、マップを見て頂くと、やはり間違っていた。
地元の方で、ボランティアで毎週ゴミ拾いをされているそうだ。
時間はあるからと、付き合ってくださる事に♪

再び頂上へ向かうと、晴れて来たぁ~
よくわからなかった第2ポイントの「いものがんぎ」もわかった。
草が伸びて、ちょっと判り難いかな。
フォト

展望所の先もまだあった!
フォト

手前の山で見えないが、この方向に大野城と水城がある。
フォト

頂上で奥様お手製のしそジュースを頂いた。
めっちゃ美味しかったぁ~♪

当初の予定では史跡コース(2時間)を回って水門へ戻るつもりだったが、思いの外体力消耗、
とてもじゃないがあと3時間も歩けない。
ご夫妻のお言葉に甘えて、登山道近くの礎石のみを見て、駅近くまで車で送って頂く事に。
フォト

ご夫妻に出会った草スキー場へ戻って、車がある場所へ。
30分ほど下ることにはなったが、その間、奥様と楽しいお喋りも出来た♪
フォト

フォト フォト
フォト フォト

おススメのラーメン屋さんもあったが、最初から決めていたカレー屋さんで降ろして頂いた。
1日10食限定の基山スープカレーを食べ、予定より1時間早く熊本へ帰ることが出来た。
フォト フォト

ご夫妻にお会いしなければ、晴れた頂上も礎石も見る事なく、下山していたに違いない。
GWの鳥栖市役所の方と言い、今回の基山町役場の方、自転車屋さん、ご夫妻と、
佐賀県人はとっても親切で、めちゃ感動!
感謝!感謝!です!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。