-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-10-28 13:44 | カテゴリ:その他
友達が自宅でフェーシャルエステを始めた。
深田恭子のCMで、「フェーシャルサロン月2回~メナード~♪」ってフレーズを耳にした事がある方もいらっしゃると思います。
友達はまだ初心者なので、CMのサロンとはちと違うらしいんだが、最終的にはあのサロンになるらしい。

先週、デビューフェアとして施術のデモ&昼食会があり、昨日は初めて施術してもらった♪
クレンジングから始まり、顔&デコルテのマッサージ、美白パック、ローションパック・・・などなど~
50分の施術で、鼻の周りはツルぴか♪肌の色も明るくなった♪

日頃、肌の手入れやメイクに関心がない私、クレンジングで間違った認識をしていたことが判明(^^;
まず、クレンジングは化粧を落とすものだと思っていて、休日に化粧をしなかった時は洗顔だけしてた。
が、化粧をしてなくても、日中の汚れが毛穴に溜まってるので、洗顔前にクレンジングをした方がいいんだって~!
そして、日頃オイルクレンジングを使ってるんだが、春頃から肌がカサカサして、別のオイルクレンジングに変えたりしてた。
が、カサカサにはオイル自体がイカンかったらしい~
オイルは必要なものまで落としてしまうので、クリームクレンジングの方がいいんだって~!
使いかけが残り少しなので、なくなり次第切り替えだ!

お肌は28日サイクルで生まれ変わるので、14日おきに施術してもらうといいらしい♪
興味のある方は、是非!サイトをチェックしてみてください(^^)
 ↓↓
http://www.menard.co.jp/salon/

初エステの後は、初「おかげ庵」で、初「鉄板スパゲティ」と初「抹茶のシロノワール」♪
18時過ぎから閉店23時まで、おしゃべりで盛り上がりましたぁ~w
フォト フォト
スポンサーサイト
2012-10-27 12:28 | カテゴリ:城・史跡
先日、有休を取って滋賀県湖南市の三雲へ行ってきました。

三雲学区まちづくり協議会主催のイベントで、今年で6回目だそうだ。
昨年の佐和山城、鎌刃城のよーに、昇太さんと一緒に三雲城へ登るワケではなかったが、
折角申し込んだので行くことに(^^)

名古屋を6時半に出て、亀山→柘植と2回乗換え、9時に三雲着。
湖南も遠いなぁ。待ち時間がなければ、もう少し近く感じるんだけどね~(^^;

総勢100人ちょいを5班に分け、私は4班で出発。
先ずは妙感寺へ・・・まだぁ?・・・遠い・・・2.5km歩いてやっと到着(^^;
フォト
南北朝時代(1336年頃)に授翁宗弼(じゅおうそうひつ)禅師によって創建、織田信長の兵火に罹り、
1660年頃に愚堂(ぐどう)国師が再興。
フォト
方丈は後水尾天皇の中宮東福門院の水口御殿の一部を移築したもの。
フォト
微妙(みみょう)大師の墓所もある
フォト

お寺の裏山に登る。
フォト
いよいよ三雲城かぁ!と思ったら違った(^^;
摩崖仏だ。
フォト

山道をズンズン行く。
石積みがあるが、なんだか新しそうな気がする・・・
なんの看板もなく、説明もなく、一体ここはなに?
もう城域なのか?違うのか?全部が城の遺構に思えてくる~w
フォト フォト

やっと「三雲城址」の案内板が出てるとこに。
ここから三雲城を目指す。
フォト
ん~っ、木が邪魔して見えないけど、奥にある石には矢穴が残ってる!!
だ~れも見向きもしないwww
フォト
三雲城址の碑があり、そこから登る。
フォト フォト
妙感寺から約2km、八丈岩に到着。
ここは物見台だったのではないかと言うことだ。
御在所岳の「おばれ石」をちょいと小さくした感じかな。
フォト フォト
さらに登ると、大岩があり、そこには佐々木六角家の家紋が彫ってある。
ちょっと見え難いかなぁ~
フォト フォト
土塁らしきものがあり、平削地にでる。
フォト
奥が主郭にあたるところだ。
斜面の上に石積みが見え、そこを目指して女性スタッフ3人がよじ登っている。
見えるかな?オレンジ色の服を着た人がスタッフ。
そして、石積みをズームすると、矢穴の跡が見える。
フォト フォト
我々は下から回り込む。
虎口だ。枡形になっていて、石垣になっている。
石には矢穴の跡がある。
ここでの説明された方のお話しでは、佐々木氏の後、信長の時代になって積まれたのではないかとのことだった。
フォト フォト
上の郭には井戸跡があり、井戸内の石積みは穴太積みらしい。
フォト フォト
この郭の斜面には、竪堀群があったらしいが、もうない(?)そうだ。
奥に上がると物見台的な郭があるらしいが、今日はここまで。
石碑のところまで戻ると、マイクロバスが2台。
これで移動するのかと思いきや、車道を1km歩いて移動。

青少年自然道場で休憩。
手持ちのおにぎりと、振舞われた豚汁で昼食。
フォト

4班の出発時間が近付き、集合場所へ移動すると・・・
さっきのマイクロバスが。
誰が乗るんだ?と思っていたらぁ~!!
なんとぉ!昇太さんと中井先生が並んで立ってらっしゃる(≧▽≦)♪
迷うことなく近付いてご挨拶。
うふっ、昇太さんに、顔を覚えていただいてるみたい♪
お伝えしたかったことを伝え、中井先生にご挨拶。
中井先生にも覚えていただいてた♪
中井先生は風邪を引かれたのか、ちょっとガラガラ声。
「魚津の居酒屋で喋りすぎてこーなったよ」って(^w^)
三人で共通の話もできて、めちゃ夢見たいだったよぉ~(≧▽≦)
この後、昇太さんは写真撮影攻撃に遭うw

さぁ、午後の出発だ。

青少年自然道場にあるこの松、全国でも数箇所にしか生息していない「美し松」と言うらしい。
根元から数本に分かれてるのが特徴なんだって。
フォト

1km歩いて弘法杉に到着。
弘法大師が食事をした後に、杉のお箸を差していたものが大きくなったとの説があるらしい。
周囲6mほどだとか。
フォト

ここからは、甲西文化ホールまで3.3kmをひたすら歩く。
途中、八丈岩から狼煙が上がると言うので山を見てみれば~
バックに雲が掛かってるので、わかり難いかなぁ?
画像中央辺りに、木と木の隙間が大きく空いてる様に見えるとこ。
あれが隙間じゃなくて、八丈岩の左側に狼煙のけむりが立ち上ってるとこ。
フォト

甲西文化ホールでは、ウォーキング参加者は優先的に前方の席。
最前列に陣取り、昇太さんの登場をニヤニヤして待つ。
主催者と来賓の挨拶後、登場♪
昇太さんはノリノリで、落語はやらないのか?と思うほど話しをされたw
落語も一席、何度聞いても爆笑だw

やはり話しが長かったらしいw
終了時間を10分延ばして、昇太さん+中井先生+湖南市長の対談。
湖南市長はなかなかの歴史好きらしい。
子供さんの夏休みの自由研究ネタに困り、湖南市の城(10~20位?)を一日で回ったそうだw

三雲城の枡形虎口の石垣について、昇太さんと中井先生は、佐々木氏の時代のものかもしれないとおっしゃってた。
昨年、観音寺城に行った時の中井先生のお話だが・・・
観音寺城の石には矢穴があって、安土城の石には矢穴がない。
故に、観音寺城の石積み集団と安土城の石積み集団は異なると考えられるって。
だから、矢穴の跡があるここの石垣は、信長時代ではないかもって事かな。
まぁ、もっと後世に築かれたものかもしれないけど、まだまだ謎の多い城址なのかな。

ん?待てよ?
主郭にあたるところにあった井戸跡、「穴太積み」と書かれていたよなぁ。
とすると、井戸跡が「穴太積み」と言うことは、佐々木氏の時の井戸ではないってことか?
ん~、今度中井先生に質問してみよ~っと。

楽しい時間はあっと言う間に過ぎ、終了~
甲西駅から柘植→亀山と乗換えて帰路に就いた。

はぁ~っ、有休取って行った甲斐があったなぁ~♪
シアワセすぎだぁ~(≧▽≦)
2012-10-20 00:24 | カテゴリ:城・史跡
さてさて、2日目最後の城攻め。

和田川ダムの管理事務所を目指して車は走るぅ~
翌週(21日)の「戦国まつり」を控えての事だったのかな?近くなると幟が立ててあり、迷うことなく到着。

和田川ダム管理事務所がある側の冠木門から登城開始。
本来の大手は七曲の方らしいが、駐車スペースがないため、こっちに門を設置したんだそうだ。
フォト

除草作業を終えたばかりで、スッキリ見やすい。
登って行くと正面に柵が設けられた曲輪(F郭)が見えてくる。
曲輪の前で道は左に折れ、そこを通るしかない。
あぁ~っ!この時点で何本も矢が刺さってるぅ~www
↓来た道を振り返る。
フォト

守り手側からはこうだ。柵の間から矢を放てぇ~っwww
フォト

こんな城攻めごっこをしながら行くと、増山城跡「曲輪の会」の会長さんと出会ったぁ~
なんと!会長さんは武家の十四代目!世が世であれば、言葉すら交わせぬお方だったかも~
で、ここからは会長さんが直々にガイドしてくださった♪

又兵衛清水へ向かう門
フォト

ここはあとで行くからと、一ノ丸へ向かう。
一ノ丸へはこれを登る。
その右手にはかつての大手だった七曲への道がある。
フォト

一ノ丸へ登って下を見る。
左手奥が来た道、右手が又兵衛清水へ行く道。
フォト

一ノ丸を抜け、又兵衛清水の奥の方から回り込む。
その途中に石垣が見られる。
草に埋もれて見難いが、結構大きな石がポツンとある。
権威を見せる為のものだそうだ。
この山からは石は採れないようで、雪の時季に麓からソリで運んだんだとか。
フォト

又兵衛清水は、今でも滾々と水が出ている。
看板には飲むのは控えるよう書いてあるが、会長さんが大丈夫と言われるので飲んでみた。
軟らかくてまろやかな水だ。
フォト

次は二ノ丸。一番広い曲輪だ。
フォト フォト
増山城には「本丸」と名の付く曲輪がない。
名は二ノ丸だが、ここが本丸だろうとのこと。
門から入って右手には物見台、奥の左手には鐘楼堂がある。
フォト フォト
真ん中辺りに、神水鉢というのがある。
湧き水でもなく、雨が降らなくても、いつも水を湛えているのだそうだ。
フォト

一旦門へ戻り、二ノ丸と安室屋敷の間を通り馬洗い池へ向かう。
安室屋敷へは、このはしごを使って登るのだが・・・
会長さんはここをスルーして、ズンズン先へ進む~
あぁ~っ!これ登りたかったぁ~
フォト フォト

馬洗い池。草で見えないが、水を湛えている。奥の右手上が二ノ丸。
ここにカモシカが水を飲みに来るのかなぁ?会長さんは二ノ丸で二度遭遇したとか。
この日は除草作業が行われてたから、出会えなかった。
フォト

御所山屋敷、足軽屋敷を横切り、池ノ平等屋敷前にある、伝神保夫人入水の井戸へ。
落城の際、神保夫人が女性数人とともに敵陣に切り込み、60人を倒して城に火を放ち、
家宝を持って投身したとか。
フォト

先へ進むと、車道の向こうに亀山城が待ってるぅ~
フォト

車道沿いに小判清水がある。
増山城は水が豊富だ。
フォト

車道を渡り、亀山城に突入!
小ぶりながら、ウホウホの山城だぁ~
フォト

会長さんズンズン進む~
殆どの画像にフレームインw
フォト

亀山城の主郭到着。
結構広い。神社があったようだ。
フォト フォト

日頃は案内しないんだけど・・・と、主郭を下りて法花坊谷へ行く道の途中まで行く。
土橋を見て車道へと戻る。
フォト

ここから増山城へ戻るのかと思いきや、車道を下り始めた。
あぅ~っ・・・戻るときに改めて画像を撮ろうと思っていたんだがw

亀山橋の下にある亀山不動尊。
フォト

折角なので、城以外の見どころも案内したいとのこと。
こんな機会はないので、ありがたく案内していただくことに。

増山神社へ。会長さんは、ここの神主でもあられる。
鳥居の両脇にある石は、増山城にあった石だそうだ。
フォト フォト
拝殿の屋根の上のとこ、雁振瓦(ガンブリガワラ)と言うのかなぁ?
屋根瓦と同じものを使っているのが殆どだが、ここは九谷焼を使っている。
う~ん、キレイだぁ♪
フォト フォト
そして、拝殿の裏に回り、なんと!特別にご本殿の真ん前まで入らせていただいた。
ご祭神は天照皇大神と伊弉冉尊。
フォト

一旦、会長さんのご自宅へ行き、昇太さんのサイン色紙を拝見♪
昨年5月に増山城へ来られた時のものだとか♪
画像も撮ったけど、会長さん宛なので、出し惜しみwww

厳照寺へ。
樹齢450年を超える杉の木。これは迫力ある~
樹に触れ、パワーをいただく。
フォト フォト

長尾為景塚へ。
超~急ぎ足だぁ~
フォト

千光寺へ。
山門越しに唐破風が見える。
フォト フォト
観音堂は、複合入母屋造りになっている。
彫刻も素晴らしい!!
フォト フォト

これにて会長さんの案内終了!
日が暮れるまでに、色々案内したいと思われたんだろうね。
駆け足だったけど、超満喫でした♪
お忙しい中、お時間いただいて、感謝です!!

最後は一宮で尾張中華そばを食べ、家まで送っていただいて終了~

この2日間、ラッキーなことも重なり、めちゃシアワセだったぁ~♪
現地でお会いしたみなさん、2日間共にしたみなさん、ありがとうございました(^0^)

最後まで読んでくださったみなさん、お疲れさまでした(^^)

はぁ~っ、増山城行きたぁ~い♪
2012-10-18 22:42 | カテゴリ:城・史跡
山城サミット2日目です。

6時起床~うす雲が広がってはいるが、まずますのお天気。
遠くに立山連峰が見える。
フォト フォト

魚津駅近くの海側にある、海の駅「蜃気楼」で朝食。
第2・4日曜には朝市があり、そこでうまそ~なカニ鍋発見!
250円とは安い!早速列に並びカニ鍋ゲットし、黒豆おこわ(300円)をプラス。
マイミクさん達の定食の焼き魚と、すり身の天ぷらもつまみ食い♪
フォト

越中三大山城制覇も考えたが、移動時間ももったいないので、松倉城跡の支城へ行くことに。

先ずは升方城跡。
クマ注意の看板に、森のくまさんを歌いながら進むw
展望台があるところから登ると、横堀が出迎えてくれる。
フォト フォト

道なりに曲がると、今度は石積みが出迎えてくれる。
石積みはくくっと折れ、横矢掛りになってるよーだ。
フォト フォト

更に登ると門があり、主郭下の曲輪に到着。ここには井戸跡がある。
フォト フォト

主郭へ登る。ここにも井戸跡がある。
フォト フォト

主郭からの眺望
フォト

主郭奥の右側に虎口があり、下の曲輪へ下りる。
ここには竪掘があるらしいが・・・草で見えず。
フォト

次は、林道を奥に進み石の門砦へ。
丸みのある大きな石が積んである。
石垣の上から、石垣の下を歩くマイミクさんを見る。結構な高さだ。
フォト フォト

更に林道を進み、水尾城跡へ。
フォト

道に轍が残っているので、車でズンズン進む。
車の下からは、ガサガサっ、コンっ・・・
Uターンできないのでは?と不安になりつつも、爆笑してしまうほどの道。
遂に案内板がある空間へ出た!が・・・藪藪藪~
道らしきものは見えるらしいが、掻き分けて行くほどの勇気と根性はなく、アッサリ断念w
フォト フォト

数回切り返してUターン。
倒木で車は入れないところがあり、そこから登れそうな気はしたが、きっと上も藪藪藪かなっ。

サミット会場に寄ることに。
4自治体&中井先生のパネルディスカッションを聴くも、ちょいちょい意識が飛んで舟をこぐ~w
ロビーでりんごドラ焼きとにらめっこしていたら、中井先生が来られて、ちょい会話♪うふっ♪

著書販売をしていた城友さんを待ち、地元小中学生が立ててくれたお抹茶を頂いて会場を後に。
城友さんをホテルまで送り、別れを惜しみつつ増山城跡を目指す。

ここで一旦コマーシャルw

城友さんの著書「わくわく城めぐり」、山と渓谷社から絶賛発売中!!
これからお城めぐりを始めよーという方に持ってこいの一冊(^^)d
もちろん、既にお城めぐりされてる方にも、楽しく読んで頂ける本です♪
書店で見かけられたら、是非!お手に取ってご覧くださぁ~い(^0^)
フォト

後編へ続く~(^^)
2012-10-16 23:14 | カテゴリ:城・史跡
行ってきました、魚津~♪
超~濃厚で、いいこと尽くめの2日間でした♪

先ずは1日目・・・

仕事の時は起きられないが、城攻めとなると早起きも苦にならず、4時前に起床。
マイミクさんに、家の前まで迎えに来ていただき、スタートじゃ~♪

東海北陸道をひた走り、途中、ひるがのSAで休憩&朝食。
外は10℃を下回り、めちゃさむぅ~!!

現地見学会の受付を済ませ、出発時間まで待機。
前日入りされてるマイミクさん、東京の城友さん、Twitterのフォロワーさん・・・と次々にお会いし、
テンションが上昇する中、中井先生の登場で更に急上昇w

4台のマイクロバスで松倉城へ。
班ごとの見学で、我らが2班は入場の門広場側から登城。
フォト

平ノ峰からの眺望。
フォト

各曲輪の間の空堀は、結構深い。
↓四の丸手前の空堀
フォト

四の丸。
奥(北側)に土塁がある。
フォト
虎口の脇は高くなっている、物見台かな?
↓その上から下を見る 結構な高さだ
フォト

三の丸へ上がるところで、中井先生と遭遇♪
いつもは説明されるお姿を見ているが、カメラを構えてるお姿は初めて♪
思わずパシャッ(^-^)dちょっと遠かったかな・・・
フォト
三の丸は手前(南側?)に土塁がある。

連郭式で見やすく、本丸に行くほど各曲輪は広くなる。
↓二の丸から本丸を見る
フォト
↓この土塁の曲線がなんともいえん♪
フォト
↓本丸へ向かう
フォト
↓本丸からの眺望 前の山は升方城跡
フォト
↓本丸からの眺望 前の山は水尾城跡(だったかな?)
フォト

本丸奥の八幡堂へ。
コンクリート製だが、千木がポッキリ折れている。
雪の重みで折れたのではないかとのこと。
フォト

西側の大見城平へ下る。
フォト
石の門を見て、元来た道を上り、マイクロバスへ。
フォト

入場の門広場へ戻り、昼食。
地元の方が大鍋で作ってくださったアツアツのしし鍋と、おにぎりのお弁当♪
くるみが入ったお寿司もいただきました♪
めっちゃ美味しかった(^^)d
フォト

昼食後、サミット会場へ戻り、参加自治体の山城紹介と中井先生の記念講演を聴く。
気になる山城をメモφ(-ω-)カキカキ
行きたいお城は増える一方だぁ~♪
フォト

17時に終了し、魚津城跡へGO!
秋の日暮れは早~い!
フォト フォト

19時~魚津駅近くの居酒屋で飲み会♪
ゲンゲ(幻魚)や、しろえびなど、地のものを堪能♪
フォト
フォト
フォト

2時間半ほど経った頃、隣のテーブルが片付けられ、お箸がセットされた。
サミットのネームホルダーをぶら下げた人が入って来たと思ったら・・・
なんとぉ~!!偶然にも中井先生がお見えになったぁ~(≧▽≦)♪
半ば強引にテーブルをくっつけ~♪
奥に座られた先生の写真を撮りたくて「せんせ~!せんせ~!」と声を掛けていたら、
近くにいた方が先生を近くに呼んでくださった♪むふふっ♪
いつもながら、気さくに話してくださり、数々の武勇伝も聞けて大盛り上がり♪
我々が中井先生を独占してしまったなぁw

ずっと確認したかったことも聞け、大満足の内に飲み会終了(^^)v
中井先生Love度がMAXだぁ♪

早朝から夜まで、みぃ~っちり楽しんだ1日目であった。
2012-10-08 16:33 | カテゴリ:城・史跡
昨日は早起きして、湖西の高島市新旭へ。
清水山城楽クラブと新旭観光ガイドボランティアグループ主催の
「戦国山城を体験しよう イクササイズ2012 国指定史跡 清水山城を歩く」に参加。
定員50名に対して参加者16名と、ちょっと淋しい人数ではあったが、このくらいがちょうどいいのかも。

新旭駅からスタートし、地蔵山へ向かう。
途中、「犬馬場」と言う珍しい地名の説明があった。
150匹もの犬を集め、流鏑馬のように馬上から犬に矢を放つ「犬追物」と言うのが行われていた所だとか。
中世の武士がたしなんだ武道の一つで、特殊な矢を用いて、犬を射抜きはしなかったそうだが傷つくことはあったらしい。
↓中央の木々がこんもりした辺り
フォト

地蔵山へ。
子安延命地蔵尊が安置されていた所だそうで、周辺に散在・埋没していた数多くの
石仏が集められている。
フォト

西屋敷(加賀殿)へ。
山城+館だったようで、結構な広さだ。
屋敷跡も土塁が多く残る。
フォト フォト

大手道を進み、南東尾根曲輪群コースへ。
フォト フォト

冬の芽が鷹の爪に似ている「タカノツメ」と言う名の木の葉っぱ。
この木の説明から、前を行くご婦人方は食べられる葉っぱや木の実の話で盛り上がり、先頭で話があっても聞こえず(^^;
フォト

南東尾根曲輪群からは、遠く竹生島が見える。
フォト

ここで、昨年11月ののろし駅伝(弥高寺・上平寺城)で同じ班だったおじさまに気付き、色々お話しながら進む。

途中の堀切は、幅こそ狭いが急傾斜。
向こうの曲輪へはロープを使って登らねばならず、未だ握力復活していない左手では断念。
後方のガイドのおじさんに誘導されて、一人回り込む(^^;
フォト フォト

主郭の斜面には、畝状竪堀が見られる。
近江では畝状竪堀は珍しいそうだ。
今では堀は浅くなっているが、どのくらいのものだったんだろーか?
フォト

主郭へ。
フォト

L字形の主郭には、建物の礎石がある。
発掘調査から、生活空間だったようである。
本物の礎石は、この下に大切に保存されている。
フォト フォト

主郭から2郭へは斜面組と回り道組に別れ、もちろん回り道組へ(^^;
触れられもしなかった主郭の虎口w
フォト
回り道から見上げる。ここから主郭の虎口へ行くらしいが、ロープが張られている。
立ち入り禁止なのか、伝うロープなのか・・・
聞きたくてもガイドさんはご婦人方と話しながらさっさと進む(^^;
フォト

2郭へ上がり、3郭の方へ進むと、近江最大の堀切が待っていた!
ロープを使って下り、ロープを使って登る・・・ははっ(^^;
回り込む術もないらしく、指をくわえて見るばかりなり(T_T)
楽しそぉ・・・ぐやじぃ~っ・・・握力復活したら、誰か私を連れてって~
フォト

主郭下まで戻り、お昼ごはん。
テーブルやイスの設置など、前日までの準備は大変だっただろうなぁ。
主催メンバーの方が人数多そうだw
ドラム缶のかまどで炊き出し。あつあつの「戦国なべ」と手持ちの栗おこわ♪
佐々木の家紋などが焼印されたイスに座り、いただき~
フォト フォト

お子ちゃまが並べたどんぐり。
フォト

主郭下からの眺望
フォト フォト

この後、西屋敷へ戻り、東屋敷(越中殿)→熊野本古墳→佐々木神社→今市と散策。
15時過ぎには解散、再開したおじさまから名刺を頂き、連絡先をメモし、お別れ~

15:30の電車で近江塩津経由→北陸本線→東海道線と乗換え、青空フリーパス有効活用で豊橋へ。

豊橋で、ミク友Hさんと待ち合わせ(^^)
オススメの老舗「きく宗」で菜めし田楽♪
めっちゃ美味しい(^0^)d
フォト フォト

楽しいお話は尽きませんが、近くの公園で羽田八幡社の手筒花火が行われていたので、見に行く事に。
ちょうど大筒が上がるところ。
台車に設置された大筒は、男の人の背丈を超える高さ。
火種を振り、着火すると、火花は真上に上がる。
フォト フォト

いくつかの組が代わる代わる手筒花火を打ち上げる。
初めて生で見る手筒花火は迫力満点だ!!
フォト フォト

最後に、豊川越しに吉田城の鉄櫓を眺め、吉田城前の土塁を見て終了(^0^)
駅まで送って頂き、名古屋へ。

山城に美味しいごはんに手筒花火♪超~満喫の一日でしたぁ♪
Hさん、ありがとうございました(^0^)
2012-10-05 23:08 | カテゴリ:その他

昨夜遅くに気が付いた右目の真っ赤っか。
会社の昼休みは、眼科も昼休みだったので、終業後に行くつもりで仕事をしていた。
当人は見えないので気にしてなかったが、社長は気になって仕方がなかったらしく、
終業30分前に眼科へ行かせてもらった。

社長から「脳内出血なんかもあるかもよ~」なんて脅され、ドキドキしたが・・・
「結膜下出血」との診断。
外的要因も内臓疾患もなく、知らぬ間になっていたので、自然出血だろうと。
1週間ほどで引くらしい。
赤外線を当て、点眼液と止血剤をもらって帰社。

会社の目の前にありながら、初めて入った眼科。
先生がひょうひょうとして面白かった。

診察しながら質問されるのだが、「夫婦ゲンカして殴られたとかない?」との
突飛な質問に大爆笑してしまったw
前に、「夫婦ゲンカして、寝てる間に女房に殴られた」と断言する人がいたとかw

社長にそう話すと、「そーやってDVの可能性を探っているのかもしれんね~」って。
なるほどなぁ~、質問した反応で見抜いてるのかもしれないなぁと感心してしまったw

で、爆笑しながらも心の中では、「夫婦ゲンカどころか、お一人さまだしぃ」と・・・

靱帯を痛めた時もそーだった・・・
整形外科の先生に、「洗い物大変だから、パパに食洗機買ってもらって」って言われた。
「パパ」が別の意味の「パパ」にも思えたが、別の意味もどんな意味も「パパ」はなしw

しかし、年齢で勝手に「既婚」だと決めつけるのってどぉ~よw
と、私はヘラヘラ笑ってるけど、言われるとイヤな思いをする人もいるよなぁ。
これも、一種のハラスメントかも。
だとすると、何ハラスメントだろーか?
年齢ハラスメント?
一般的固定概念ハラスメント?
かもしんないハラスメント?

などど、くだらんことを考えたw
2012-10-04 23:20 | カテゴリ:その他
まぁ、大層な事ではないが・・・

今度の日曜、清水山城へ行くのに、名古屋~米原間はJR東海の青空フリーパスを利用予定。
単に行って帰るだけだと、往復で得するのはたったの60円。
なんともかんとも、お得感のなさ(^^;

折角なので、ムリヤリ有効活用しよーかと思うのだが・・・

見学会終了後、新旭駅解散15時半。
運よく15:30発の電車に乗れたとして、米原着は16:40過ぎ。
運が悪けりゃ更に1時間後。
範囲が限られてるし、東海道線から乗り換えるとなると時間が掛かるしなぁ~

そうだ!垂井へ行こう!

・・・と思ったが、乗り換えて垂井に着くのは17:30過ぎ。
その頃には辺りは暗くなる・・・散策どころじゃ~ない(^^;

暗くなっても楽しめるところ・・・ん~っ・・・

そうだ!豊橋カレーうどんを食べに行こう!

って、最後は食い気かぁ~(^^;

夜でも楽しめるスポット、または美味しいものがあるところ。
何かオススメがあったら教えてくださ~い(^0^)
2012-10-01 23:11 | カテゴリ:城・史跡
今日からピンクリボン月間。
それに伴い、名古屋城天守がピンクにライトアップされるとあって、出かけることに。

その前に、名古屋駅の駅麺通りで腹ごしらえ(^^)
名駅エリア初の一大イベント期間中で、クーポン使って50%OFF♪
東京らーめん「えいふく町」の「秋野菜のからめそば」。
めちゃウマ(^^)v
フォト

腹ごなしに名古屋城まで歩こうかと思ったが、地下鉄で市役所まで。
市役所、県庁、テレビ塔まで見える。
フォト

清水口門の方から御深井堀沿いを歩く。
カメラマンがいっぱいだ。
フォト フォト

フォト フォト

月と天守
フォト

月と清須櫓
フォト

幅下門から外堀通りへ出て、ちょっとひんやりした風を感じながら、お家までのんびり歩いて帰りましたとさw

女性の皆さん、乳がん検診受けましょうね(^^)d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。