-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-01-26 16:00 | カテゴリ:城・史跡
彦根からの後編・・・

集合時間を15分間違えていた事に気付き、慌てふためきダッシュ!
ご一緒させていただくメンバーさん全員と初顔合わせ。
初対面からとんでもない事をやらかした(^^;
息切れしながら彦根駅に到着するも、それらしき方々のお姿は見えず!
ならば改札!と、2階へ駆け上がるも、またまたお姿見えず!!
乗車予定の近江鉄道へ回るも、それでもお姿見えず!!!
電車の出発時刻は過ぎてるし・・・参った・・・すると、駅前の井伊直政像の前にいらっしゃるとのこと!
階段を駆け下り、井伊直政像の前に・・・あれっ?人の姿なし・・・
オロオロしているところへ、車から降りて向かって来られる方が・・・
あぁ~、やっとお会いできましたぁ~!!
みなさま、大変お待たせいたしました。誠に申し訳ありませんでしたm(__)m

車で龍譚寺へ。
龍譚寺の中へ入るのは何年ぶりだろーか?
庭園と、だるまと、三成公の頭蓋骨の写真しか記憶になかったなぁ(^^;
素敵な襖(戸?)絵があったとは・・・
sawayama00.jpg

奥の庭には、紐が掛けられた石が置いてあった。
これには意味があるのだろうか?
sawayama01.jpg

さぁ、佐和山へ登るぞぉ!
寒さも関係するのか?めちゃくちゃキツイ!
前回は150人で登ったからノロノロだったからついて行けたのかな(^^;
自称「ハタチすぎ」も、若者のペースにはついて行けないお年頃~
西の丸手前の切通しに着いた時点でヘロヘロ(^^;

西の丸塩硝櫓跡
sawayama02.jpg

途中、トレーニング中らしき人、城めぐり中らしき人、散歩中らしき人と出会った。
散歩中らしき人とは西の丸でも出会い、その人は竹藪へ入って行った・・・
sawayama03.jpg

気になって後を追ってみる。
この先に何があるのか?
sawayama04.jpg

おっ!加工されたのでは?と思われる苔むした石!
右手上は本丸だ。もしや、破城された本丸の石垣のものかぁ?
sawayama05.jpg

ズンズン進むと、谷(竪掘?にしてはデカイ)に出た。
散歩中かと思ってた人は、これを降りたのか?
我々が降りるには危険だ!西の丸へ戻り、本丸を目指す。
sawayama06.jpg

ぜぇ~ぜぇ~、やっとついた(^^;
sawayama07.jpg

本丸から彦根城を見てみれば・・・
さっきまで晴れていたのに、雪が降ってるようだ。
こっちへ来るのも時間の問題か・・・
sawayama08.jpg

本丸下へ回り込み、破城されて残った石垣の隅石を見る。
ここで城ガール隊記念撮影(^^)
sawayama09.jpg

千貫井戸から例のなんちゃって天守を見る
sawayama10.jpg

千貫井戸で、影の記念撮影(^w^)
sawayama11.jpg

女郎谷の方へ回る。
すると、散歩中かと思っていた方に三度遭遇!
そして、城ガール隊メンバーさんが付けていた、城ガール隊缶バッジに反応!
城ガール隊超~有名じゃん!と思ったら、他のメンバーさんと先週城めぐりしたとの事で、びっくりぃ~!!
それにしてもこの方、谷を降りて二の丸~三の丸まで行って、また登って来られたとか!軽装でスゴイなぁ!

女郎谷はハッキリとはわからず、引き返す。
斜面の下を見ると、木に黄色いリボン。
ここを降りて行くと、二の丸~三の丸へ行けるようだがムリっ!!
sawayama12.jpg

さぁ~いよいよ太鼓丸へ向かう!
太鼓丸手前の竪掘だ。
敵が攻めてくるぅ~!!(お姿拝借!)
sawayama13.jpg

木が伐採される前の太鼓丸を知らない。
藪藪だったころの太鼓丸を知る人には、「胸あつ」な光景のようだ。
片側に土塁がめぐらせてある。
sawayama14.jpg

むふっ♪土塁萌え♪
sawayama15.jpg

奥へ進む。
sawayama16.jpg

視界が開け国道が見える位置に出た。
雪のチラつきが多くなってきたぞぉ。
sawayama17.jpg

千畳敷には、伐採された枝などが少し残っている。
sawayama18.jpg

千畳敷の奥には虎口が!
画像では分かり難いが、結構高さがある。
sawayama19.jpg

虎口の外から。
sawayama20.jpg

ここまで来たところで本格的に雪が降ってきた。
大急ぎで来た道を戻る。
数分で辺りは薄っすら雪化粧だ。
こんなとこで遭難したら大変だぁ~!!
sawayama21.jpg

容赦なく吹き付ける横殴りの雪!
目に雪がガンガン入ってくる~
髪に付いた雪は氷になって髪がガバガバ~
急がなきゃいけないのに、転ぶんじゃないかとハラハラしながら降りるので超スロー(^^;
後続の方々、申し訳ない!!

全員無事下山!!三成公にお礼m(__)m
sawayama23.jpg

払うそばから積もる雪を何度も払い、車に乗り込み佐和山をあとに。

宗安寺に移築された門をチラ撮り。
sawayama25.jpg

ショッピングモールに立ち寄り、コーヒーでホッと一息。
彦根駅まで送って頂き、名残り惜しいが、みなさんとお別れ。
井伊直政像はすっかり白備えに!
横殴りの雪がわかるかな?
sawayama26.jpg

北陸線の特急に120分の遅れが出ていたが、東海道線は雪の影響を殆ど受けず、3分遅れで名古屋に到着。
駅のホームに降り立てば寄るしかない♪
「住よし」のかき揚げきしめんを食べ、体ほっかほか♪
sawayama27.jpg

タワーズ15階の郵便局で用事を済ませ、ライトアップされた名古屋城で〆♪
sawayama28.jpg

彦根&佐和山、超~満喫の一日でした(^^)d
ご一緒させて頂いたみなさま、ありがとうございました(^0^)/
そして、大遅刻してすみませんでしたm(__)m
これに懲りず、また遊んで下さぁ~い(^^)
スポンサーサイト
2013-01-26 13:00 | カテゴリ:城・史跡
寒気がやってくる!
雪予報にドキドキしながら電車に揺られ、一宮を過ぎると雪。
こりゃ~先が大変か?と思っていたら、垂井、関ヶ原は雪すら降ってない!
彦根に到着すると、こちらも雪はなし♪

午後の合流までの間、彦根城の未体験ゾーンを回るのだ!
彦根駅に着いて先ず感動したのは、彦根城が見やすくなってる!!
3ヵ年(?)計画で伐採が行われるとのことで、これからどんどん見やすくなるようだ。
hikone00.jpg

駅前の通りを真っ直ぐ進み、佐和口から入る。
hikone01.jpg

門跡の礎石もチェック
hikone02.jpg

そして、いつも素通りしてた馬屋へ!
城内に残る現存馬屋は彦根城だけ!って知ったのは1年前くらいかな(^^;
hikone03.jpg

作り物のお馬さんがいて、ちょっとばかしギョっとした(^^;
hikone05.jpg

ちゃんと排泄物の処理も考えられてたんだぁ!
hikone06.jpg

表門橋をちょいと渡り・・・
hikone07.jpg

登り石垣を確認。
前回見た時は初めてだったので、よくわかってなかったなぁ。
うんうん、しかと見た!
hikone08.jpg

で、一旦外に出て、内掘沿いを歩いて大手門へ向かう。
大手門橋を渡る。
実は、大手から入るのは初めて!
これより未体験ゾーンへ~♪
hikone09.jpg

ほぉ、大手門の石垣もいいねぇ♪
hikone10.jpg

門柱を置く礎石以外にも石が敷かれてるんだ!
hikone11.jpg

そして2本目の登り石垣!!
テンション上がるぅ~!!めちゃ萌えぇ~っ(≧▽≦)
hikone12.jpg

登り石垣の終端を見ながら萌え萌え♪
hikone13.jpg

券売所で入城券を買い、案内図をもらう。
念のため登り石垣を見るポイントを聞こうと、地図を見ながら「こっちへ行くと・・・」と言いかけると、
「いえ、オススメはこちら側から上がって・・・」と、遮る間もなくベラベラ説明し始めた(^^;
説明が途切れた隙に、「登り石垣を見るにはこっちでいいですよね?」と聞くと、はっとした表情にw
もう一人の方が、登り石垣を見るポイントを丁寧に教えてくださった(^^)

米蔵跡の梅林。
土塁にキュン♪
hikone14.jpg

土塁沿いに行くと、土塁が切れ、内掘へ出られるようになっている!
むむっ、案内図にも、手持ちの本にも特に名称は記載されてない!!
なんだろ?なんだろ?
hikone17.jpg

帰宅して調べるに、水門(埋門)とのこと。米運搬の為の船着場となっていたようだ。
なるほど。
hikone18.jpg

門扉を留めるための穴かな?
hikone19.jpg

3本目の登り石垣。
西の丸三重櫓から西へ降りてる登り石垣だ♪
hikone20.jpg

うほうほ♪うはうは♪萌え萌えだぁ(≧▽≦)/
hikone21.jpg

山崎郭へ行く手前、内掘の向こうに石積みが!!
ここはなになに?
hikone22.jpg

そして、閉ざされた門!
これまた名前がわからず、帰宅して調べる。ふむふむ、山崎門とな。
hikone23.jpg

そしてここは山崎郭。
風がハンパない!!メール送信も失敗の連続。風に煽られながら、シャッター切るのにも苦戦(^^;
hikone24.jpg

黒門の方へ向かい、4本目の登り石垣を見る。
西の丸三重櫓から東へ降りる登り石垣だ♪
出郭から西の丸へ渡る橋が見える。
hikone25.jpg

登り石垣と竪堀がセットだよぉ~♪
もぉ~たまらんねぇ~(≧▽≦)/
hikone26.jpg

山崎山道を登る。
途中、観音台の奥へ笹を掻き分け入ってみたが、一段下へは下りず、再び山崎山道を登る。
西の丸三重櫓がお出迎え♪
hikone28.jpg

出郭からは遠く竹生島が見える。
hikone29.jpg

出郭から西の丸へ渡る橋。
hikone32.jpg

橋の上から両方向の登り石垣を覗き込む。
こっちは西側(黒門側)に降りる竪堀がハッキリ見える♪
hikone30.jpg

東側は、堀切の奥に石垣の始点が見える。
hikone31.jpg

西の丸へ入る枡形虎口。
hikone33.jpg

西の丸三重櫓。
hikone35.jpg

三重櫓の中から、東側の登り石垣が見えるかと思ったが、残念ながら見えず。
ここで、係りのおじさまと雑談。
本を手に、登り石垣について質問したからか、「お城の研究をしてるのか?」と聞かれてしまったw

青空に映える天守♪めちゃキレイだぁ~♪
そぉ言えば、彦根城では晴天確立が高いなぁ♪
hikone36.jpg

今日は天守内はオアズケ。
外から見てるだけぇ~w
hikone37.jpg

むむっ!
竹生島付近が真っ白!あの辺りは吹雪いてるのかぁ!?
hikone38.jpg

さぁ、5本目の登り石垣だ。
本丸の端から裏門へ降りる登り石垣を見る。
う~っ、これが精一杯かぁ?
hikone39.jpg

そして、午後から行く佐和山を見る~
hikone40.jpg

今まで素通りしていた鐘の丸へ。
植え込みに阻まれながら、表門へ降りる登り石垣を見る。
こんだけしか見えん(^^;
hikone43.jpg

あとはすっ飛ばして佐和口から出る。
外堀に残る土塁を見たかったが、時間切れ。
腹が減っては攻城ならず、集合までの僅かな時間に彦根城を眺めながらお昼ごはん。
hikone44.jpg

うどんをすすりながらつぶやき投稿。
そして気がついた・・・ん!?集合時間って・・・13:15じゃ?
えっ?今13:15じゃ~!?遅刻じゃん!!!!!
半分残ったうどんに後ろ髪引かれながら、店を飛び出し彦根駅へダッ~シュ!!
hikone45.jpg

後編へ続く・・・(^^;
2013-01-06 14:48 | カテゴリ:城・史跡
北九州城めぐりの後編です。

次に向かったのは筑前花尾城。
標高351mの花尾山、車で結構上がって行く。
東登山道から攻め入る!

むむっ!この石積みは城の遺構かぁ?
kitakyushu015.jpg

おぉ、竪堀が!
テンション上がっるぅ~♪
kitakyushu016.jpg

やぐら台へ登ると、主郭との間に大堀切がぁ!!
スゴイぞぉ~!大堀切を行く人が小さく見える!!
(お姿拝借です)
kitakyushu017.jpg

大堀切へ下る。
うひゃひゃ~っ♪画像だとあまり高さを感じないが、深いのだぁ~(≧▽≦)
kitakyushu018.jpg

この大堀切から主郭下の北側に回ると古井戸があるようだ。
おっ!石積みだぁ!!
kitakyushu019.jpg

石積みの向こうを覗いて見ればぁ・・・
古井戸だぁ!!
kitakyushu021.jpg

そして、その古井戸を囲むように2本の登り石垣がぁ~!!
右側の崩れ感に対して・・・
kitakyushu_997.jpg

左側は整備されたよーにキレイだ。
kitakyushu020.jpg

そして、左側は登って行ける。
う~ん、登れたら登り石垣の意味ないんじゃなかろーか?(^^;
ん?待てよ、井戸に水を汲みに来るための階段かぁ?
そんなこたぁ~ないか?
まぁ、何はともあれ、登れる登り石垣をルンルンで登る♪
kitakyushu022.jpg

主郭へ出る。
主郭からの眺望だ。
kitakyushu023.jpg

主郭から西へは二の丸→三の丸→四の丸と下りて行く。
三の丸から四の丸へ行く間、南側に下りると石積み発見!!
東登山道に入ってすぐに見た石積みも、やっぱ当時の遺構なのかなぁ。
kitakyushu024.jpg

花尾城も畝状竪堀群が数箇所ある。
畝うねの起点♪
kitakyushu025.jpg

はぁっ、花尾城は魅力満載の城だったよぉ~♪
九州のお城はほとんど知らないんだけど、北九州の山城は畝状竪堀が多いのかなぁ?
スゴ過ぎるぜぃ!北九州の城(≧▽≦)/

最後は門司へ。
一旦、関門橋を渡って下関側へ行き、関門トンネルを潜って再び門司へ。
両方楽しめて嬉しかったぁ(^^)v
公園まで車で上り、急いで山頂を目指す!
と、登り口辺りでガサガサ・・・おぉっ!イノシシが数頭!
kitakyushu026.jpg

石碑がギリギリ見えるかなぁ(^^)
kitakyushu027.jpg

門司城から関門海峡を望む。
kitakyushu029.jpg

楽しい時は過ぎ、小倉駅に送って頂いて解散。
お土産や駅弁を購入して新幹線に乗り込み、帰路へ。

頂いた縄張図を眺めてニヤニヤ♪
九州にも魅惑の城がい~っぱいあるんだねぇ!!
行きたい城は増える一方だなぁ~(^m^)

ご一緒させて頂いたお二方、めちゃ楽しかったです!!
本当にありがとうございました(^0^)
またご一緒させてくださ~い♪

最後に、新幹線の車窓から見る徳山の工業地帯。
kitakyushu030.jpg
2013-01-06 00:58 | カテゴリ:城・史跡
お正月休み最終日、名古屋へ帰る前に北九州のお城を案内して頂きました(^0^)/

早起きして、ホテルで朝食バイキングてんこ盛り(^w^)
ちと食べすぎモードで、合流までの間に小倉城を散策。
kitakyushu003.jpg

kitakyushu000.jpg

多門口門の外にある八坂神社へもお参り。
kitakyushu001.jpg

小倉城天守前で合流。
初めてご一緒させて頂くメンバーだったので、めちゃ緊張していたが・・・
不思議だね~、同じ趣味の方々とお会いすると、すぐに緊張がほぐれる(^^)d
車に乗せて頂いて、いざっ!出陣じゃ~♪

目指すは長野城!
ここの柵を開け、「あとぜき」して進む。
kitakyushu004.jpg


林道を行くと、昨年夏の九州豪雨でか、道が陥没している。
kitakyushu005.jpg

そのため、手前の斜面を登るのだが・・・
結構な傾斜で、ロープが渡してある。
完全復活していない左手には、ちとツライぞぉ~
まだ登り始めなのに、すでに足ガクガク~
若い二人にどんどん離されてくぅ~(^^;
(後姿拝借です)
kitakyushu006.jpg

頂いた縄張図を見ながら進む。
ハンパない竪堀の数!!どんだけ畝うねか、超~ウキウキよぉ~♪

北西側の三の郭側から攻める。
小さな郭をいくつか上りると、西側に畝状竪堀発見!!
画像では非常~にわかり難いが、畝ってます(^^)
kitakyushu_999.jpg

更に進み、竪堀をちょいちょい過ぎて、本郭西南の畝状竪堀群に出る!
竪堀を下り、下の横堀へ入ると、右を見ても畝!左を見ても畝!
もぉ~っウホウハだぜぇ~(≧▽≦)
もうかなり埋まっているのだろうか?堀の深さは割と浅めに思える。
一本の大きさで比べれば、長野城 < 市場城 < 広瀬城 って感じだが、本数はハンパない!!
kitakyushu008.jpg

kitakyushu007.jpg

この後も本郭周りを進み、連続する竪堀にウハウハ!畝!畝!畝~!!(≧▽≦)
畝うねの起点を見るとテンション上っがるぅ~♪
kitakyushu009.jpg

二の郭手前には、東側の大きな竪堀と、西側の小さめの竪堀による土橋が♪
そして、夫々の竪堀は連続!土橋+畝うね両方を楽しめる♪
kitakyushu010.jpg

二の郭周りの畝うねを楽しみ、二の郭から下りようとした時・・・枯葉でズッテ~ン!
へへっ、初滑りやっちゃいました~(^^;
お尻の痛みは、土橋+畝うねを見たら吹っ飛ぶ~(^^)d
その土橋+畝うねをおかずに昼食(^w^)

二の郭から西へ落ちてる大き目の竪堀を下りる。
下りる途中も北側には畝うね~♪
もぉ~っ畝うねパラダイスだぁ~(≧▽≦)
途中からロープが張ってある。左手に注意しながら伝って下りる。
ロープがなきゃ、転げ落ちるなぁ~(^^;
kitakyushu011.jpg

下りて来たところの道も陥没している。
最初の陥没していたところを避けるため、三の郭の方へちょいと登る。
大した高さじゃなかったんだけど、斜面に掛けた足がズルっ!!
前のめりにすっ転んで左半身で滑り落ち~(^^;はい、泥だらけ~(^^;

林道に出て歩きながら谷(?)側に目をやると、ちょいウネリが!
割と深めの堀切があり、奥へ進むこともできそうだ。
(お姿拝借です)
kitakyushu012.jpg

最初の柵外へ出て、居館跡へ向かう。
こっちかな?あっちかな?と迷いつつ、石積みと削平地があるところへ。
kitakyushu014.jpg

竹で見難いが、結構立派な石積みがある。
kitakyushu013.jpg

脳裏に残る畝うねに、ニヤニヤしながら長野城をあとにして次へ向かう・・・

後編へ続く~
2013-01-05 17:00 | カテゴリ:城・史跡
翌日の城攻めに備え、福岡へ前乗り。
兄夫婦が車で送ってくれ、行きたいとこへ回ってくれた。

先ずは筥崎宮。
黒田長政建立の一ノ鳥居を潜る。
fukuoka04.jpg

三人でお参りするのって初めてだなぁ(^^)
fukuoka01.jpg

楼門には「敵国降伏」の文字。
蒙古襲来により炎上した社殿の再興にあたり、亀山上皇が納められた事跡とか。
fukuoka03.jpg

そして、元寇防塁へ。
駐車スペースが見当たらず、ひとりでダッシュ!
fukuoka06.jpg

復元もいいけど
fukuoka07.jpg

こっちも萌え~
fukuoka10.jpg

この海の向こうから、蒙古が・・・
fukuoka09.jpg

車に戻り、ダッシュしてる間に買ってきてくれたバーガーをパクつく。
福岡城の地下石垣を見るべく送ってもらい、ここで兄夫婦とお別れ~
fukuoka15.jpg

土曜のみ公開してる地下石垣に萌え~
fukuoka12.jpg

そして、福岡城へ~
鴻臚館の発掘作業は続く~
fukuoka18.jpg

福岡城でまだ見てなかったとこと、お気に入りのことをちゃちゃっと見学~
fukuoka25.jpg

fukuoka26.jpg

fukuoka28.jpg

fukuoka29.jpg

fukuoka30.jpg

fukuoka32.jpg

兄夫婦のお陰で行きたかったとこに全部行けた♪
大満足で、翌日に備えて北九州へ移動したのであった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。