-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-06-23 00:00 | カテゴリ:城・史跡
やって来ました~!念願の黒川氏城!
20130623_kurokawa_1.jpg

入っていきなり萌え~な状態、まだまだこれから先に超萌え~な遺構があると聞きウキウキ~♪
20130623_kurokawa_2.jpg

20130623_kurokawa_3.jpg

20130623_kurokawa_4.jpg

ここには石もある!石垣が築かれていたんだろうか?
20130623_kurokawa_5.jpg

虎口のかわいらしい手書き案内板にほのぼのとし、この奥へ進もうとしたところ・・・
20130623_kurokawa_6.jpg

「ミミズ~」と言いながら靴にへばりついたヤツを枝で払おうとするメンバー。
むむっ!?こ、こ、これは!?確か・・・ヒル!!ヤマビルだぁ!!
虫除けスプレーで応戦するとポロっと落ちるが、敵軍の数はハンパない!
このままでは我らは全滅!!撤退を余儀なくされた。
木立の外へ急ぐ途中、首の後ろがチクチクするので生え際近くを触ると・・・ヌルっ!!敵がいるぅ~!!
急いで虫除けスプレーをかけて取り払ってもらった。なんと!3匹もいた!!
首にタオルを掛け、帽子も被っていたのに、隙間を狙ってくるとは!!
駐車場まで戻って全員ヒルチェ~ック。
被害がないと思っていたメンバーも、ズボンの裾をめくるとそこに2匹!!
今度は「ヒルさがりのジョニー」で応戦!すげぇ~!ジョニーの威力ハンパない!!
予定していた土山城はパス。コンビニで消毒液を購入して傷口を消毒。
黒川氏城はリベンジ決定だ!

お次は村雨城。
ヒルがいやしないかと、ビクビクで踏み込む・・・
小振りだが、郭を囲む土塁に萌え萌え~
20130623_murasame_1.jpg

20130623_murasame_2.jpg

20130623_murasame_3.jpg

20130623_murasame_5.jpg

20130623_murasame_6.jpg

そして、50mほど北に隣接する寺前城へ。
こちらはちょいと草が多く、遺構がわかり難い(^^;
20130623_jizen_1.jpg

20130623_jizen_2.jpg

東側には大谷池が見える。
20130623_jizen_3.jpg

20130623_jizen_4.jpg

ちょいと移動して服部城へ。
曲輪の外から見る。
20130623_RIMG0221.jpg

近所の方?土地の所有者?私有地???
主郭で倒れた竹などを焼いてお掃除中のところへお邪魔させていただいた。
20130623_RIMG0228.jpg

20130623_.jpg

次は新宮城。
こちらも草が多く、遺構がわかり難い(^^;
車道から入り、Ⅴ→Ⅲ→Ⅱ→主郭と行く。
20130623_shingu_1.jpg

主郭周りの土塁。
20130623_shingu_2.jpg

南の谷越しには、新宮支城がある。
50mほどの距離らしいが、一旦車道に戻って向かう。

城域に踏み込んですぐから、土塁と切岸にきゃっきゃ♪
20130623_shingushijo_1.jpg

虎口脇の土塁も高い!
20130623_shingushijo_4.jpg

きたぁ~っ!!
主郭の虎口から中を見る。
立ってる人がわかるかな?身長180cmを超える人も、あの大きさ!!
主郭を囲む土塁は、なんと9m!!!!!みんな「アホか土塁」と呼んでいるw
はぁ~っ、笑いしかでないっ(*ノ∀^)ノ
20130623_shingushijo_5.jpg

主郭から土塁を登る人がわかるかな?
写真の真ん中辺り、木々の間にちらりと見える人が小さく見える!
20130623_shingushijo_6.jpg

土塁の上はこんな感じ。
20130623_shingushijo_7.jpg

南側からは、奥の土塁が見える。
かなりの高低差だ。
20130623_shingushijo_8.jpg

そして、主郭の中心で「アホかぁ~!」と叫ぶ人がいる。
見えるかなぁ?w
20130623_shingushijo_9.jpg

いやいやいや、新宮支城の土塁は桁外れのハンパなさだ!!
どーやってここまで積み上げるんだろ?
少しずつ突き固めていくんだろうね~

最後に伊賀の福地氏城へ。
主郭の小口は石垣だ。
20130623_fukuti_1.jpg

主郭内は庭のようになっている。
20130623_fukuti_2.jpg

主郭周りの土塁から見る。
20130623_fukuti_3.jpg

これにて終了。
いやぁ~、ヒル軍の猛攻には参ったなぁ~!
その後はヒル軍と遭遇することなく満喫できてよかった(^^)
黒川氏城よ!必ずリベンジするからなっ!!念のためジョニー持ってねwww
スポンサーサイト
2013-06-08 15:00 | カテゴリ:城・史跡
同行メンバーから、猛者の方が「二度と行かない」と仰ってたと聞いた白旗城。
この私に登れるのかっ!?とかなり不安だったが・・・

登城口付近で会った地元の方に、柵を開けて車で入っていいと教えてもらい進入~
小屋まで来れたのは結構助かる。
スタート地点には、杖が用意されている。
20130609_1.jpg

登城道の岩場を見て、笑いが出る~
さぁ、がんばるぞっ!!
20130609_2.jpg

先頭から遅れながら、ひたすら登ること約40分。
やっと表示があるところに出た。ここで小休止だ。
20130609_3.jpg

なんでこんなに高いところに城を築くんだぁ!?と、疑問に思ったことを問うてみた・・・
麓で戦をして落とせば、それで終わりじゃないのか?
勝てば、わざわざ山上へ責めずとも、勝ちじゃないのか?と・・・
答えは・・・山上へ逃げ込んだ敵に逆に攻められることもあるので、山上も落とす必要があるのだと。
そっか!山上に逃げ込んだ敵は、降伏せず反撃に出る可能性があるんだ!!
全く考えてなかった!!ドアホな質問をしたもんだ(^^;まぁ、聞くは一時の恥、わかってスッキリ~

尾根に沿って登る。
途中堀切がある。
20130609_4.jpg

櫛橋丸への道はキビシィ~!
上部はめちゃ苦手なツルツル斜面(^^;
20130609_5.jpg

休みながらゆっくり行っていたら、前を行くメンバーを見失ってしまった(^^;
上に行くのか?横へ回るのか?
すると、前方から子供連れのグループがやってきた。ハイキングコースでもあるようだ。
人と会ったかどうか確認し、そのグループがやってきた方へ進む。
結果、どっちから行っても同じとこに出たみたいが、焦った(^^;

二の丸の東側斜面を降りて石垣を探す。
井戸跡がある曲輪に出る。石がごろごろしてるぞっ♪
20130609_7.jpg

その曲輪の下にあったぁ~♪
立派な石垣も好きだが、こーゆー石垣がたまらなく好き~♪
20130609_8.jpg

20130609_9.jpg

二の丸へ戻って進む。
本丸到着!!
ここで昼食を取りながら休憩。
20130609_10.jpg

三の丸まで行き、堀切を見て来た道を戻る。
20130609_11.jpg

櫛橋丸の下の横道を進んで、ツルツル斜面は回避(^^)v

ひたすら岩場を下りる、下りる、下りる・・・
はぁ~っ!到着!
めちゃめちゃキツかったぁ~!!
汗だくで、頭はお風呂上がりのよーだ(^^;

あの奥の高い山だったんだよ~
20130609_13.jpg

白旗城のすぐ近くにある赤松円心館跡へ。
苔縄城の石碑があるが、ここから1.5km離れた苔縄集落からこの地に移されたらしい。
苔縄城は、その集落の背後にある愛宕山一帯に築かれていた白旗城の支城だそうだ。
20130609_14.jpg

赤松円心館跡の土塁。
20130609_15.jpg

次は、感状山城へ。
登城道は階段状に整備されているが、これがキツイんだなぁ!
途中から大手道へ入る。
20130609_17.jpg

しばらく行くと、大手門の石積みが見えてくる。
20130609_18.jpg

井戸跡の凹部がある。
20130609_19.jpg

南曲輪を目指す・・・が、立入禁止の札がっ!!
ここから先は入れないのかっ!?
20130609_20.jpg

と、思っていたら、一部分が入れないだけだった(^^;
脇を登って行く。
20130609_21.jpg

ぬぁっ!南曲輪は石が丸く積まれている。
こんな積み方もあるんだ!実に面白いw
20130609_24.jpg

南曲輪から物見岩を望む。
20130609_23.jpg

Ⅱ曲輪下には石垣がめぐらせてある。
20130609_26.jpg

Ⅰ曲輪
20130609_27.jpg

Ⅰ曲輪から北曲輪の方へ下り、西側の井戸跡へ。
20130609_29.jpg

出曲輪へ出て、南曲輪から見た物見台へ。
ごつごつ石のままだ。
20130609_30.jpg

物見台から下りる。
結構な傾斜だなぁ~
20130609_31.jpg

さぁ、あとはひたすら階段を下りる、下りる、下りる・・・
膝が笑う~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。