-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-08-30 22:55 | カテゴリ:城・史跡
夏休み最終日に、慌てて絵日記書いてる気分で、今頃お盆の日記をば・・・

雨予報に反して、蒸し暑~い中、佐敷城へ行ってきました(^ー^* )
高速から続く有料道路(?無料だったけど)の終点まで行くと、山の上に石垣発見!!
もぉ~テンション上がっる~O(≧∇≦)o
20140816_13.jpg

山上の駐車場まで楽々~
来た~~~っ!佐敷城跡!!\(^▽^@)ノ
20140816_14.jpg

駐車場から数分で搦手へ。
うはぁ~っ!!!!!カッコイイ!!!!!(* ̄∇ ̄*)
もぉ~これだけでたまら~ん!!(・∀・)ニヤニヤ
20140816_15.jpg

搦手門から本丸へ行くには、この通路的な空間を通る。
建物があったならば、熊本城と同じように暗がり通路っぽかったのだろうか?
20140816_13.jpg

その通路的なとこから本丸へ上がる石段の前に、礎石と思われるものがある。
柱の礎石なのか?
石段の幅は1mちょっと。こんなとこに柱があったら邪魔だよなぁ?(o・ω・o)?
20140816_19.jpg

現地案内板の縄張図に赤く印を付けてみた。
ちょっと小さくてわかり難いが・・・
なんだろなぁ?(o・ω・o)?
20140816_19_2.jpg

本丸から西側の風景。
20140816_16_2.jpg

本丸から二の丸を見る。
20140816_17.jpg

本丸から本丸東門を見る。
20140816_18.jpg

二の丸から三の丸を見る。
二の丸から1~2m下に、三の丸に向かって飛び出した部分がある。
二の丸下から三の丸へ抜ける通路に横矢を掛けているのか?
20140816_20.jpg

二の丸東門から二の丸越しに本丸を見る。
カッコイイ!萌え~(* ̄∇ ̄*)
門の殆どが枡形虎口になっている。
20140816_21.jpg

北側の本丸下の石垣と、一段下がった所の石垣で積み方が異なる。
三時期に分けて築造されている城なので、その違いが見て取れるのが面白い(o^-')b
20140816_22.jpg

滞在1時間半、ず~っとカッコイイ!の連発!!
超~イケメン石垣に萌えっ放しだった(* ̄∇ ̄*)

城下町には、豊臣秀吉が宿泊したと伝わる場所等もある。
そして、佐敷本陣「桝屋」の前で、「芦北伽哩街道」なるポスター発見!!
これはカレー好きとしては外せない!!(o^-')b
20140816_23.jpg

店舗一覧からチョイスして向かったのは、国の登録有形文化財である藤崎家住宅「赤松(せきしょう)館」の「米蔵」だ。
20140816_24.jpg

昭和初期に当時の当主藤崎彌熊のイギリス留学に同行した奥様が、イギリスで教わったカレーのレシピを元に作った「100年カレー」。
夏場だけのお目見えだそうで、辛口のルーと甘口のルーの2種類がかけてある。
夫々の味を楽しんで、好みでブレンドしながら食べる。
これは絶品!!カレー好きの嗅覚は正解だった(v^-゚)
20140816_25.jpg

くじ引きでもらったクリアファイルとうちわ。これハズレねf^_^;
20140816_26.jpg

食後に「赤松館」へ。
詳細はwebで(^w^)
http://sekisyoukan.jp/

今でも住んでらっしゃって、一部公開されている。
台所の竈
20140816_27.jpg

軍艦長門が載ったアサヒグラフも、自由に見ることができる。
破れたら大変なので、触らずに眺めるだけにした。
20140816_28.jpg

藤崎彌熊氏の奥様の嫁入り道具には、家紋である抱き茗荷が入ってる。
20140816_29.jpg

玄関から二階への階段はカーブしている。
20140816_30.jpg

赤松館を後に、芦北の海岸へ。
ここで、佐敷城でマンホールを撮ってないことを思い出した。
今は芦北町だけど、確か昔は佐敷町・・・ん~、逃したな(/_・)
これは芦北町のマンホール。
20140816_31.jpg

昔よく来た海岸は、かなりの変貌を遂げていた・・・
海はキレイだった(o^-')b
20140816_32.jpg

石垣萌え&絶品カレー&思い出の地と、超~満喫の一日でした\(^▽^@)ノ
スポンサーサイト
2014-08-02 19:36 | カテゴリ:城・史跡
気まぐれに、久々のブログ更新です(^^;

先週、久しぶりに名古屋城大天守内に入り、名古屋城のジオラマを見た。
nagoyajo.jpg

そして、いつも愛知県図書館へ行く時に通る御園門跡を見ると・・・
あれっ?枡形虎口?
高麗門に櫓門?
ん?ん?んんっ?いつも見てる門の感じと違う!!
と、今更ながら気がついた次第(^^;
misono_1.jpg

で、本日図書館へ行って確認!
外堀に架かる御園橋の向こうが図書館。
石垣に向かって一直線。
あれっ?ジオラマだと、真っ直ぐ行くと石垣にぶち当たるぞ!?
しかも、土橋じゃ?
misono_00.jpg

ちょっと草木で見え難いので、冬に撮った別角度の画像をば。
現在の御園橋は土橋じゃないのがチラッと見えるかな?
misono_0.jpg

ジオラマの石垣部分に色付けをしてみた。
ピンクの部分が手前から見て前後してるのがわかる。
misono_2.jpg

現在の石垣に、ジオラマの石垣部分と同じところに色付け。
わかり難いが、こちらも手前から見て前後してる。
するとだ・・・現在の御園橋の部分は、ジオラマの櫓門横の土塁部分になるではないか!
そーすると、土橋はどこだ?
misono_3.jpg

ジオラマの高麗門の両脇の土塁に注目!
黄色く色付けした部分だ。
misono_4.jpg

ん?どこだ?
はっ!!!!!
ずっと気になってた土塁じゃ?????
misono.jpg

ビンゴ!
これは高麗門の土塁だったのかぁ~!!
納得!!スッキリ!!
misono_5.jpg

高麗門の土塁の間から見ると、そこは空堀・・・土橋はいずこ???
私は見たことないのだが、「瀬戸電」と呼ばれる電車が、明治39年~昭和51年まで外堀の中を走っていたのだそうだ。
ここまで通っていたのかな?
だとすると、その時に土橋が壊された事になるのかな。
misono_dobashi.jpg

自分の中にあった御園門跡の謎が解けてスッキリしたのでR!

と、ここまで書いてアップしたのだが・・・なんか違う!!
枡形虎口内の平坦な部分が削られて現在の空堀になってるんじゃ???
土橋はひょっとして、車道で埋められた???
その辺りは後日調べてみよう!!

で、とりあえずの勝手に想定・・・
①現在残っている平坦地 → 赤の斜線部分
②石垣が見えている部分 → 青の横縞部分 ※平面的すぎる囲みはご容赦を。
③高麗門のだと思われる残ってる土塁 → 黄色の部分
④車道だと想定される部分 → グレーの部分
以上のことから、①と③の間が削られたと想定する。
misono_sote.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。