-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-12-15 15:00 | カテゴリ:城・史跡
甲賀オフ、いよいよ本編です♪

この日もスペッシャ~ルゲストをお迎えし、油日駅からスタート♪
手持ちの本で見て以来、ず~っと行きたかった和田城館群。
そこにスペシャルゲスト氏と行けるなんて、夢のまた夢なのだ(≧▽≦)
見学会等で何度かお話しさせていただいてはいるものの、超~緊張してるw

和田川に沿って開けた谷の両側にある丘陵地に、城館が築かれていた。
※和田城館群のパンフより
 青で囲んだとこが朝駆けで行ったとこ、赤で囲んだとこが本編。
20131215_00.jpg

谷を北から南へと進む。
天守の模型が迎えてくれる。
あれっ?本に載ってる写真より新しくなってるぞぉw
20131215_1.jpg

先ずは東側に位置する殿山城へ。
20131215_2.jpg

階段を上り、削平地へ入って行くと・・・堀切~♪
20131215_3.jpg

メンバーと比較すると、結構深いのがわかる。
20131215_4.jpg

谷側に面する郭の土塁上を歩く。
20131215_5.jpg

郭から、歩いてきた土塁を見る。
土塁上のメンバーと比べると、高いのがよーくわかる。
20131215_6.jpg

背面の土塁も高~い!!
20131215_7.jpg

谷側に向けて土塁はどんどん低くなり、開けている。
これは、和田谷を見張る為なのだそうだ。
なるほど、朝駆けの和田支城Ⅲで、谷側の土塁が低かった謎が解明!!
(朝駆け編のポイント1)
20131215_8.jpg

色々説明して頂いたのだが、先頭に追いつかず、話し半分、メモも追いつかず(^^;
信楽のなんちゃら城wや小川中ノ城に似てるそうだ。
あと、「りゅうばし城」「手はしの城」などとメモしてるが???

ここの土塁は、土を盛って版築するのではなく、削って造る方法だとも。
尾根筋の高さから考慮して判断するのだそうだ。
部分的に見るのではなく、全体的に見なければならない・・・ん~、難しいね~
朝駆けの和田支城Ⅲの奥にあった土塁もそーなのかも・・・
(朝駆け編のポイント2)

最初の階段の方へ戻る。
この堀切までが城と考えられるそうだ。
20131215_9.jpg

次は公方屋敷跡へと進む。
20131215_10.jpg

将軍足利義昭が、一時、居した屋敷跡だそうだ。
なぜ、足利義昭がここに居したか?
和田から室町幕府に奉公していたからだそうだ。
20131215_11.jpg

屋敷跡の背後にある道、これは土塁か?杣道か?
20131215_12.jpg
竹林のここは城の遺構か?
20131215_13.jpg
どちらも城の遺構と思いがちだが、スペシャルゲスト氏はどちらも城の遺構ではないと。
なぜなら、「城の匂いがしない」からだと!カッコイイ~(≧▽≦)
匂いがわかるようになるまで、色んな城を見なければ♪

さぁ!いよいよ念願の和田城!!
20131215_14.jpg

案内板の現在地から入る。
20131215_15.jpg

Ⅰ郭の北側から西側に回り込む。
20131215_16.jpg

西側にⅠ郭への虎口がある。
20131215_17.jpg

一旦虎口を過ぎて奥の堀切を見る。
20131215_18.jpg

堀切の先にⅣ郭があるが、Ⅳ郭は果たして郭なのか?
和田城から南方は、隣接する伊賀がある。
この時代、伊賀と甲賀は同盟関係にあり、南からの攻撃はなく見張る必要がないのだそうだ。
見張る必要がないならば、ここに郭がある必要もない・・・と言うところだろう。

さぁ、Ⅰ郭の中へ。
ここも土塁が高い!
20131215_19.jpg

Ⅰ郭南側の土塁は更に高い!
20131215_20.jpg

Ⅰ郭南側の土塁の上からⅠ郭内を見る。
土塁上は2段になっていて、何かが建てられていたのではないかとのことだ。
20131215_21.jpg

Ⅰ郭東側の土塁は、一段低くなっている。
段差を設ける理由はなく、後々になって削られたと考えられるそうだ。
20131215_22.jpg

Ⅰ郭東側の下へ回り、竪堀らしきものを考察・・・
果たして竪堀なのか?崩れなのか?

和田城を後にし、近くの公園でお昼タイム。
スペシャルゲスト氏の定番ケロッピーシートが微笑ましい♪

和田城館群から離れ、油日駅を越えて上野城へ。
20131215_23.jpg

住宅の脇から入ってすぐにちょいと上る。
20131215_24.jpg

はぁ~っ、もぉ最初から話しについて行けてない(^^;
故に説明はなしで(^^;

Ⅴ郭からⅣ郭とⅠ郭の切岸を見る。
木で遮られてわかり難いが、結構な高さがある。
20131215_25.jpg
Ⅶ郭への入り口、左手の土塁が折れている。
20131215_26.jpg

一段低くなっている小さな郭は藪々だ。
20131215_27.jpg

Ⅳ郭へ上がる途中から見る。
20131215_28.jpg

Ⅴ郭からⅣ郭を見る。
上にいるメンバーが小さく見える。
20131215_29.jpg

Ⅳ郭に上がってⅤ郭を見る。
Ⅴ郭にいるメンバーが小さく見える。
20131215_30.jpg

Ⅰ郭への虎口
20131215_31.jpg

Ⅰ郭の東側の土塁上を北に歩く。
20131215_32.jpg

Ⅰ郭の北側の土塁上からⅠ郭東側を見る。
20131215_33.jpg

Ⅰ郭西側の外には横堀があり、二重になっているところがある。
高低差を見るために、メンバーに堀の中と土塁の上に立っていただいた(^^)d
20131215_34.jpg

三角点には、手書きのカワイらしい看板が(^^)
20131215_35.jpg

Ⅰ郭西側下の堀を歩く♪
20131215_36.jpg

西側の土塁を歩き、先にある堀を見て見学終了~
土塁の高さがわかるかな?
20131215_37.jpg

油日駅へ戻る。
名古屋方面組は電車の時間が迫っていたので、油日駅で記念撮影をしてバタバタと離脱~
ゆっくりご挨拶が出来ずスミマセンm(__)m

楽しい時はあっと言う間に過ぎたなぁ~
2013年の城攻が、こんな夢のような企画で締め括れるなんて、本当に幸せだぁ(≧▽≦)
幹事さま&スペシャルゲストさま、本当にありがとうございましたm(__)m

ご一緒させていただいたみなさま、とっても楽しかったです♪
また来年もあちこちお付き合いくださいませ~♪

もぉ~城好きサイコー!!城好きバンザ~イ!!
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://full1207.blog.fc2.com/tb.php/848-6e179c1d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。